年利400%!脅威のシステムトレーダー!?

本日より、トレーディング研究会のメンバーとして参加させていただくことになりました斉藤正章と申します。

この度、私の尊敬する隼麟児こと梶田政人氏のご紹介により、エンジュクさんとお付き合いさせていただくことになりました。

ちなみに当記事のタイトルについてですが…

エンジュクさんには、私のことをシステムトレーダーとしてご紹介いただいているかと思いますが、実際にはすべての売買をシステムトレードで行なっているわけではありません。
もちろん、自作のシステムによる売買を中心にトレードを行なっていることは確かですが、システムとはいえ、すべての相場で万能ではありませんから、売買のシグナル(指示)がかなり出づらい時期というものがあります。
とくにそういった時期では自分自身の裁量の入る余地が大きく、簡単なファンダメンタルズ分析に基づいた投資や、システムを補助的に利用するといった工夫により、400%という驚異的(?)な年間利回りを達成しているわけですね。

誤解のないよう補足しておきますが、システムの手法そのものが有効に機能しない時期があるということではなく、年間を通して売買のシグナルがあまり出ない時期があるということです。

さて、今回は研究会ブログへの初投稿ということで自己紹介にとどめておきたいと思いますが、さらに私のことを詳しく知りたい方はこういうことをしてみるといいかも。
すると、私のあんなことや、こんなことまでわかってしまいます(笑)
(ちなみに同姓同名の方もいらっしゃるようなので間違えないでくださいね)

以下、自己紹介です。

<年齢>
  30歳(既婚)
<職業>
  システムエンジニア(正社員ではありませんが、一応、実質的には会社員です)
<トレード歴>
  約4年
<トレード開始時の資金>
  30万円(その後、約200万円追加)
<現在の運用資金>
  約5,000万円
<月間平均利回り>
  13.85%(記録をとり始めた2003年6月より)

また、エンジュクさんではあのジム・ロジャーズ氏を招いての大イベントで、40分ほどお時間をいただいて講演をさせていただきますので、皆さん奮ってご参加ください m(_ _)m

今日は初めてなので真面目(自分の中では)にいかせていただきましたが、今後の記事では度々キャラが変わります(笑)
そういうところも含めて楽しんでいただけましたら嬉しく思います。