決算発表シーズン

本日は3月末決算銘柄の配当権利落ち日でした。
次に相場が大きく動くようなイベントは5月上旬~中旬にかけての決算発表日でしょう。

統計的には決算発表日の直前にかけて上昇し、決算発表後に下落するパターンが多いようです。
普通の投資家は決算が良いことを期待して買い、決算発表が終わるとよほど決算内容が良い場合を除いては、ほとんど織り込み済みで下落するからです。

もちろん、必ず毎年そうなるとはかぎらないのですが、今年のようにすでに暴落が終わった場合は通例どおりのパターンにあてはまる可能性が高いと思います。

それを利用して、4月中旬から下旬までにかけて買い、決算発表日の直前には売り抜けるという戦略が考えられます。
この場合は統計どおりの結果を得るのが目的なので、株価が上がっても下がっても関係なく必ず売却する必要があります。

デメリットとしては、個別企業ごとの決算発表日を調べなくてはならないという手間があることですね。
これが意外と面倒なので、私自身は今まであまり実践してこなかったのですが、今年はちょっと頑張ってチャレンジしてみようと思っています。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する