新興市場の問題点

ここ最近は日経平均が堅調にもかかわらず、JASDAQなどの新興市場は最安値を更新しています。

東証一部の銘柄は、基本的には買いからも売りからも入れるため、下落相場でも損失を出さないようにヘッジを入れることが可能ですが、新興市場の銘柄はそうはいきません。

日経平均と新興市場の指数が連動しているかぎりにおいては、東証一部の銘柄を空売りすることによってヘッジすることができますが、昨年以降は残念ながらあまり連動していないようです。

私自身は利回りを重視した戦略をとっているため、結果的に新興市場の銘柄にトレードの比重が偏ります。そのため、現在のように日経が上昇トレンドで新興が下落トレンドのような相場ではまったくヘッジする手段がないのです。

新興市場の銘柄のほとんどは売りから入ることができないという問題点を以前から指摘していましたが、せめて指数だけでも売買することができれば下落相場でもヘッジすることができるので、新興市場にも先物を作ってほしいところです。

現実的な対処法としては、新興市場を扱う場合は下落相場でも損失を覚悟するか、新興市場はあえて避けて東証の銘柄のみを対象に売買するというどちらかの選択肢になりますが、私自身は当面は前者になるでしょう・・・。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する