使用するパソコンの性能

28日のセミナーにご参加いただいた方々、どうもありがとうございました。

エンジュクさんでの単独セミナーは今回が初めてということもあり、キャンセル待ちの方々の人数も大変なことになってしまったようで、せっかく申し込みいただいたのに参加いただけなかった方々は大変申し訳ありませんでした。

さて、話は変わりますが、以前から私の使用しているパソコンの性能について、何度かご質問いただいていますので、回答させていただきたいと思います。

私のパソコンはショップブランド製なので、メーカー名などはありません。
CPUはよくわかりませんが、マイコンピュータのプロパティを見るかぎりでは「Pentium(R) D CPU 3.00GHz」となっていますので、ペンティアム製・デュアルコアの3ギガのCPUらしいです。
そして、メモリは2ギガです。

市販のソフトを使っている方(または、これから使う予定の方)にとって一番重要なのは、CPUの性能よりもメモリの量ではないでしょうか。
CPUはどんなに早くても、処理によってはフル活用できるとは限りませんので、どちらかというとメモリをたくさん積んだほうが短時間で検証をすることができると思います。

メモリは不足していないかぎりはどんなにたくさん積んでもまったく効果がないのですが、逆に言えばどんなにたくさん積んでも邪魔になることはありません。
自作でプログラムを組んだり、市販のソフトを使って検証される方は、5万円くらいの安いパソコンを買って、メモリをとにかくたくさん積むのことをおすすめします。(メモリは安いので)

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年10月26日終了時点)

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 555万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 8枚
売り: 8枚
実質:ポジションなし(買い8枚-売り8枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先週の約570万円→555万円と若干の減少でした。
現在、スイングのポジションはありませんが、デイトレ系のシグナルがかなり足を引っ張っている結果となっています。

デイトレ系のシステムは今のところ「売り」のみですので、相場が強いときにはどうしても負けが多くなります。
また、これは私が最近感じていることなのですが、デイトレ系(寄り仕掛け、引け決済)のシステムは最近になるほど有効性が薄れているような気がしています。
これが一時的な現象なのか、デイトレ系のシステムを使う人口が増えたためなのかは、なんとも判断がつきかねますが、もう1年くらい様子をみて判断したいところです。

最後に、現在のトレンド判定は長期上昇トレンド、中期下落トレンド継続で変わらずとなっています。

只今、お休みモード

他の執筆陣の皆さんは投資以外の日記も結構書かれているようなので、たまには私も便乗します。

じつは現在、自宅がこんな状態↓のため、お仕事をお休み中です。
(でも、シグナルが大量に出たら日記は更新します)

img036.jpg

img037.jpg

じつは、耐震補強工事の真っ最中なのです。
(ようは、仕事をするスペースが厳しい状態ということです。)

我が家は中古で購入したということもあり、とても古くて(築45年)狭い(15坪)ため、大地震が来たら、かなり高い確率で家の下敷きになると思います(汗)

ということで、今月半ばから、おもいきって耐震補強工事に踏み切ったのですが、思いのほか私の家は重病だということがわかりました・・・。
ちなみに私は自称・耐震マニアというくらい耐震に詳しいです(笑)

阪神大震災の例をみても、倒壊したほとんどの家は柱が土台から抜ける「ほぞ抜け」が大きな要因になっています。
そこで、本来であれば1階部分が倒壊しないことを最優先にして耐震壁を3箇所くらいに設置し、土台と柱、基礎をしっかり固定すれば終わりの予定でした。

・・・が、いざ床を壊して基礎を見てみると、なんと非常に柔らかい素材の「石」で出来ていたのです!(写真を参照)
しかも、柔らかい石のため、アンカーで土台と基礎が固定されておらず(そもそも固定不可能)、我が家は石の上にポコっと乗っけてあるだけの危険な状態であることが発覚・・・・・・・・・・・・・。
このままでは基礎と土台を固定するアンカーも打てないし、「ジャブラ」というテープ状のものさえ使用できないため、色々と考えた結果、古い基礎の内側に新しい基礎と土台を作り、土台同士を固定する作戦にしました。
まあ、基礎自体を交換しないかぎり、それ以外は不可能でしょう。

さらに、四隅の外壁を壊してみると、シロアリに喰われたのか腐食したのかは不明ですが、土台の一部がボロボロで欠落し、重要な隅っこの通し柱が宙に浮いている状態であることも発覚。(まあ、こちらは簡単に直せますが)

さらにさらに、入居前にリフォーム会社に頼んで柱を抜いてもらった部分が気になり、自分で天井を覗いてみると リフォーム会社に入れてもらった梁が非常に弱くて天井が垂れ下がってきているのを発見・・・・・・・・・。
仕方ないので、天井下の端っこのほうに袖壁を作ってもらうことにしました。

さらにさらにさらに、床下を潜って覗いてみると、家を建てた当時の工務店がいいかげんだったようで、石やらガラスやらコンクリートの破片などの瓦礫であふれかえっていて、床下に空気が通らないような状態であることも発見・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
こちらは優先順位が下がるため、自分で手の届くところは片付けて、あとは当面放置することに決定。

そんなわけで、10日ほどで終わるはずの工事が3週間くらいかかることになりそうです。

ちょっと痛い出費となりましたが、関東には今後30年以内に70%の確率で大地震が来るのがわかっているので、お金と命とを量り(字が違う?)にかければリスク対リターン比では安いと思うことにしておきます。
(ちなみに国かどこかの調査によると宮城近辺は30年以内に99%大地震が来るそうなので、耐震補強は必須ですよ!)

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年10月19日終了時点)

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 570万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 8枚
売り: 8枚
実質:ポジションなし(買い8枚-売り8枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先週の約570万円から変わらずでした。
現在はデイトレシステムを除き、ポジションなし(正確には売り買いが同枚数のシグナル)の状態であるため、資産はほとんど変動がありません。

日経も底を打ったものの、短期間に上げすぎた反動による当然の下落というところでしょうか。
当面、本格的にトレンドの方向が定まるまでは、あまり資産の変動はなさそうです。

現在のトレンド判定は長期上昇トレンド、中期下落トレンド継続となっています。

日経225先物システムの運用経過

今回は忘れないうちに毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年10月12日終了時点)

続きを読む…

順張りシグナル銘柄を買い付け

本日、目先の天井っぽい雰囲気にビクビクしながらも、システムにしたがって順張りシグナル銘柄を大量に買い付けました。

順張りにも逆張りにも共通していえるのは、どんな指標を使ってトレードするかよりも、「いつ仕掛けるか」のほうがはるかに成績を左右することがわかっています。

昨日、システムの出力したシグナル銘柄を参考銘柄としてあげておきますが、流動性がかなり高めの銘柄だけに絞らせていただきました。
また、私の順張りシステムは勝率40%をちょっと超える程度ですので、勝ち負けの数だけでいえば負けることのほうが多いことを付け加えておきます。

【10/11の順張りシグナル銘柄】
三井物産(8031)
コマツ(6301)
商船三井(9104)
第一中央汽船(9132)
三菱電機(6503)
川崎汽船(9107)
ニコン(7731)
ヤフー(4689)
セコム(9735)
乾汽船(9113)
旭化成(3407)
コニカミノルタホールディングス(4902)
ミツミ電機(6767)
東ソー(4042)
宇部興産(4208)
豊田通商(8015)
新和海運(9110)
佐世保重工業(7007)
コナミ(9766)
カプコン(9697)
三菱瓦斯化学(4182)
東洋炭素(5310)
大日本インキ化学工業(4631)
山九(9065)
スギ薬局(7649)
フォスター電機(6794)
カカクコム(2371)
日本合成化学工業(4201)
コーナン商事(7516)
松田産業(7456)

ようやく順張りシグナル発生!

先日の日記で順張りのシグナルが出たら日記で発表予定と書きましたが、結局はシグナルなしでした。
しかし、本日ようやく順張りシステムの買いシグナルが出たため、明日中に参考銘柄をアップします。

不特定多数の方が閲覧できる日記のため、銘柄の公開も法的には問題ないそうなのですが、最近は株価操作やマーケットへのインパクトなども社会問題になってきているため、かなり流動性の高い銘柄だけに絞らせていただきますので、そのあたりはご了承くださいませ。

明日からはガンガン順張りで攻めていきます!

日経225先物システムの運用経過

月曜に発表予定だった日経225先物システムの運用経過報告を忘れていました。
幸い画像は保存しておいたので、先週末時点の結果をご報告します。

続きを読む…

落選・・・

以前、東京マラソンに申し込んでいたのですが、一昨日なんと落選の通知が来てしまいました・・・。

フルマラソンを走るのは初めてではありませんが、いつもまったくトレーニングせずにぶっつけ本番で走るため、プロの2倍近い時間がかかり、制限時間を意識しなければなりません。
その点、東京マラソンは制限時間が非常に緩く、練習なしでも比較的楽勝で完走できるため、初心者の応募が殺到したのかもしれませんね。

その東京マラソンですが、当選倍率が約5倍(5分の1)もあるため、当然はずれる可能性のほうが圧倒的に高かったわけですが、それでももしかしたらと期待していただけに落選はショックです。

仮に毎年倍率が5倍のままだとすると、
・2回応募して当選する確率は36.0%
・3回応募して当選する確率は48.8%
・4回応募して当選する確率は59.0%
・5回応募して当選する確率は67.2%

なので、4年間くらい応募し続けてやっと当選する可能性のほうが高くなります。
ということは、60歳くらいまでず~っと応募し続けても10回も当たらないということですか・・・。

関係ない話はここまでにして(「気まぐれなお話」のカテゴリーなのでお許しくださいね)、少しだけ相場のお話をしましょう。

先週に引き続き、新興市場は今日も凄まじい上げっぷりでしたね。

たった今、口座残高を確認したところ、今日1日でなんと10%以上(!)も増えていて驚きました。
しかも、それほどポジションを大きくとっているわけでもないのにです。

まだシステムをチェックしていませんが、もしかするとそろそろ順張りシステムのシグナルが出始めているかもしれません。
もしシグナルが出ていれば、参考銘柄として明日の日記で掲載させていただく予定です。

メルマガ発行のお知らせ&逆張りのその後

明日6日発行のメルマガは私の番ですね。
まだ登録をしていない方は左上の申し込み欄からどうぞ。

ここ最近は逆張り銘柄の猛反発が続いていますね。
とくに先月に仕込んだ銘柄はほとんど利益を確定できたのではないでしょうか。

8月の最初の暴落で仕込んだ銘柄は、残念ながら期限内に買値までは戻りそうもありませんが、それでもトータルでは既に利益になり、あとはどれだけ利益を伸ばせるかというところまで回復してきました。

逆張りで仕掛けた後はかなりのドローダウンがあるので、いつもながら「こんなに凹んで元に戻るのか?」と思いますが、戻すときは本当に早いですね(笑)

今現在は逆張りである程度利益を確定できたため、現金や信用枠がかなり空いている状態です。
かといって順張りで仕掛けるにはまだ早いため、しばらくはシグナルが出始めるまでトレード回数が激減しそうです。