現在の逆張りポジション

先日、プチ逆張りシーズンというタイトルで、逆張りのチャンスということを書かせていただきましたが、そろそろ日も経過したので、具体的な銘柄例をあげてもいい頃でしょうか。

先日のチャンス銘柄は「バナーズ関連」といわれている銘柄群で、具体的には以下の銘柄です。

バナーズ <3011.T>
片倉チッカリン <4031.T>
中国工業 <5974.T>
リード <6982.T>
森尾電機 <6647.T>
春日電機 <6650.T>
ボーソー油脂 <2608.T>
赤阪鉄工所 <6022.T>
理経 <8226.T>
宮入バルブ製作所 <6495.T>

当初、バナーズ関連の銘柄が急落した理由はわからなかったのですが、理由もなく大きく下落しているときは、システムトレードとしては文句なく買いです。
業績でみると、なぜかもともと割高な銘柄も多いのですが、いくつかはPBR1倍割れの水準まで売り込まれているため、2段階で買い付けるつもりなら問題ないでしょう。

あえて私の買い付けた銘柄は言いませんが、よく吟味してみると面白い銘柄もありますので、興味のある方は一度調べてみてはいかがでしょうか。