逆張りシーズン到来?

先週までの下落はまだまだ浅いと思っていましたが、本日はようやく暴落といえるような大きさの下落がありました。

先ほどデータの取り込みが終わりましたので、今現在の私のシステムの状況を軽くお伝えしたいと思います。

まず、ここ数ヶ月相場が良好だったため、毎日順張りのシグナルが大量に発生していましたが、ここ5日間の下落で30%弱が手仕舞い(利益確定&損切り)となりました。

そして、逆張りシグナルのほうはどうかというと、思ったよりも少ないなというのが感想です。

私が全力で逆張り銘柄を買い付けるには、シグナルが3桁(100銘柄)くらいはほしいので、現時点ではまだまだ全力買いはできません。
かといって、このまま何事も無く反発してしまうと利益を取り逃しますので、こういった中途半端な下落時には「1泊決済型(必ず1日で手仕舞う)の逆張り」を使います。

1泊で必ず決済するタイプの手法ならば、万が一さらなる下落で逆張りシグナルが大量に発生した場合でも、常に余力を確保しておくことができるからです。

私のシステムの仕組みを簡略化して説明すると
1.上昇相場では順張りシグナルが中心
2.一過性の短期的な下落では1泊決済型の逆張りシグナルが中心
3.下落相場では中期逆張りシグナルが中心
にシグナルが出るようになっています。

現在は状況が「2」となりますので、順張りが手仕舞いになったことにより、その空いた余力を使って1泊決済型の逆張りでトレードすることになります。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する