休むも相場?

ここ2週間くらいは明確なトレンドが発生せず、かといって急激な下落相場というわけでもないため、順張り・逆張りともにほとんどシグナルが発生しない状態が続いています。

相場の格言でいうところの「休むも相場」の状態ですが、私自身は必ずしもトレードを休む必要があるとは思っていません。

休むも相場というのは、相場がどちらにいくかわからないときには投資(トレード)を控えるべきだということを表しているのだと思いますが、資金効率ということを考えれば基本的に資金は寝かさず、常にできるだけトレードに参加して資金を回転するべきでしょう。

ただ現実問題として、順張り系の手法は上昇トレンドや下落トレンドなどのようにトレンドがはっきりしているときでなければほとんどトレードのチャンスがありませんし、逆張り系もまたしかりで、相場全体の暴落時でなければほとんどトレードのチャンスはありません。

システムトレードにおいても、勝つ確率の高い(勝率という意味ではありませんが)状態でないときにはシグナルが出ず、自然と「休み」の状態になるわけで、「休むも相場」というのはそういう意味では正しいことを言っているのかもしれませんね。

現在はシグナルが少ないため、トレードについての解説が少なくなっていますが、トレンドが発生したり暴落があったときには積極的に解説していきたいと思っています。