投資と生活水準

私が受ける質問で、20~30万円くらいの資金で運用する方法を教えてほしいという内容がとても多いです。

とくに学生や社会人になったばかりで大きなお金を持っている方はそれほど多くはないでしょうから、小さな資金を効率よく増やしたいと考えるのは当然のことでしょう。

しかし、現実的に考えてみたときに、運用資金が30万円で買える銘柄は1、2銘柄というところです。
買える銘柄が少ないということは、資産は特定の銘柄の上げ下げに大きく左右されるので、増えるときも大きいかわりに減るときも同じように大きく減ってしまうことになります。

客観的に考えてみていただきたいのですが、もしも皆さんが1億円持っていたとして、その全額を特定の1、2銘柄につぎ込むことができるでしょうか?私なら怖くてとてもできませんが・・・。

もちろん考え方を変えれば、「1億円では失うわけにはいかないが、30万円なら失ってもいいので大きく儲けたい」というのもありかもしれません。
そもそも絶対額が少なければ、また働いて取り戻せばいいという考え方ですね。

そういったリスクを大きく取れる方は、比較的安定した運用ができる2~300万円程度に資金が増えるまで、信用3階建ての全力投球という選択肢もありだとは思います。(決して推奨はできませんが)
ただ、それよりも私がもっと推奨する選択肢もあります。

それは、「運用資金が貯まるまで全力で働く」ということです(笑)
冗談のようですが、これが私自身が実践してきた方法だからです。

例えば、30万円を1年間で3倍にしたとしても90万円ですから、利益は60万円です。
一方、毎月5万円貯金した場合、1年間で60万円を貯めることができます。
どちらのほうがより確実でしょうか?ということなのです。

私が会社員を辞める直前の手取りの給与をばらしてしまうと、だいたい月に30万円くらいでしょうか。
かなりハードな残業をした月は40万円以上ということもありましたが、ボーナスがないので毎月生活に使う分以外は全額貯金(投資資金)にまわしていました。
内訳を書くと以下のようになります。

【収入】
給与 30万円
他 0円
[合計:30万円]

【支出】
家賃 8.5万円
食費 3万円
水道・光熱費等 1万円
通信費(固定電話・携帯電話・プロバイダ等) 1万円
会社での昼食代 1.5万円
私の小遣い 0~1万円
妻の小遣い 0~1万円
[合計:17万円]

給与や支出は毎月微妙に違うので、以上のものはもっとも多い典型的な生活パターンの月ということでご理解いただければと思います。
上記の場合でいうと、収入が30万円で支出が17万円ですので、13万円が手元に残る(余る)ことになります。
私の場合はこの13万円すべてを毎月投資や貯金に回していました。
月によっては税金や健康保険の支払いなどもありますので、若干控えめに毎月10万円を投資に回したとしても年間120万円ですから、2年も頑張れば立派な投資資金が出来上がるというわけです。

30万円を元手に一か八かの大勝負をするのもいいですが、私としては確実に投資資金を作ってから年利30~50%で運用していく堅実な方法をお勧めしたいと思っています。

お金の使いすぎには気をつけましょう!

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する