日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年8月24日終了時点)

先日の日記でお伝えしたとおり、先週は長期外出のためにお休みさせていただきましたので、1週間空けてのご報告となります。

今回からは、ある程度の初心者の方でもわかりやすいように若干、書き方を変えてみました。

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 657万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 0枚
売り: 20枚

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
この2週間ほどは日経平均が今年最大の暴落をしたことなどにより、急激に資産が変動した月になりました。
そのため、資産は先々週の約438万円→657万円となり、2週間で220万円近い増加となっています。

システムの運用開始後は一瞬だけ資産500万円台に乗せたものの、数ヶ月単位でみると足踏み状態が長かったのですが、ようやく大幅な増加となり嬉しいかぎりです。

資産増加の理由としては、

①システムが売り転換後に日経平均が急落
②急落後に逆張りシステムの1つがドテン買いのシグナルを出したため、ポジションを買いに転換

というように、今まででもっともうまくシステムが機能したことによります。

前回の暴落時は、暴落前に買いポジション中心だったため、資産が一度大きく減少してから取り戻すという感じでしたが、今回は売りと買いの往復で成功したということですね。
ついでに今回増加した資金で急落した銘柄を2つほど買い付けてみました。
今後どうなるかが楽しみです。

ちなみに逆張りで買い建てたポジションはすでに金曜に解消し、現在は売り建てのみとなっています。
週末にニューヨークが上昇して終わったので、今週はちょっと心配ですね。

最後に私のシステムによる現在のトレンド判定ですが、先々週から変わらず、長期トレンド、中期トレンドともに下落トレンドを継続中となっています。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する