日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年9月11日終了時点)

本来は月曜更新が基本ですが、先週末時点での口座残高画面を取り忘れたため、昨日時点の残高になります。(先週末と大差はありませんが)

また、これまで約1年間にわたり、「試験運用」として日経225先物システムの運用を続けてきました。
その結果、システムの試験自体は問題なかったため、このまま運用を継続するのか、資金を追加して新たに開始するのかで検討していましたが、やはりスタート資金(250万円)からの継続性を優先して、資金の追加などは行わずにこのまま継続していくことにしました。

ということで、これまでどおり今後の結果を暖かく見守っていただければ幸いです。

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 701万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 4枚
売り: 12枚
実質:売り8枚(買い4枚-売り12枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
今週は私の予想を裏切って第2派の下落があったため、売り建て中のシステムは順調に資産を伸ばしました。
資産は先週の約600万円→701万円と約101万円の増加となっています。
前回の日記で言ったとおり、私はもうあまり下げないのではないかと勝手に思っていましたが、システムのほうが賢いということでしょうね。

現在は逆張り型システムのうちの一部だけが買いになっているものの、主力の順張りシステムはすべて売り継続となっています。
さすがにもう下げないような気もしますが、システムに逆らったトレードをするつもりはありませんので、少々利益が削られてもこのままシグナルが反転するまで売りを継続する方針です。

最後に私のシステムによる現在のトレンド判定ですが、先週から変わらず、長期トレンド、中期トレンドともに下落トレンドを継続中となっています。