日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年9月21日終了時点)

※現在、セミナーの準備に追われているため、ご質問への回答はしばらくお休みさせていただきますので、ご了承くださいませ。

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 616万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 0枚
売り: 16枚
実質:売り16枚(買い0枚-売り16枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先週の約679万円→616万円と約63万円の減少となっています。
順張りの比率が高いため、あいかわらずシステムは売り建て中心となっており、その分損失も大きいですね。

日経はどう考えても下げ止まりのように見えますが、システムはもう少し上昇するまでは買いにならないと思います。
私自身が下げ止まりだと思っても、システムに逆らうつもりはありません。
本当に下げ止まりだという自信があるなら、統計的な根拠を見つけてシステム化するのが正しいやり方ではないでしょうか。

しばらくは600万円前後をウロウロすると思いますが、スイングの場合は年間を通して数回のチャンスで大きく増やせればいいので、大きく減らなければ良しとしましょう。

最後に私のシステムによる現在のトレンド判定ですが、先週から変わらず、長期トレンド、中期トレンドともに下落トレンドを継続中となっています。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する