日経225先物システムの運用経過

月曜に発表予定だった日経225先物システムの運用経過報告を忘れていました。
幸い画像は保存しておいたので、先週末時点の結果をご報告します。

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 578万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 4枚
売り: 12枚
実質:売り8枚(買い4枚-売り12枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先週の約572万円→578万円とほとんど変わらずでした。

いまだに売りが中心となっていますので、このところの上昇相場では多少ドローダウンを受けています。
ただ、先月よりも売りポジション自体は縮小しているため、幸いにも資産の変動は小さめです。

しかし、日経がこれだけ押しもなく一方的に上昇するのは珍しいですね。
さらに上昇が続けば他の順張りシステムも買いに転換しますが、個人的にはせめてひと下げあってからの上昇が望ましいです。

何があってもシステムに従うことにはかわりはないのですが、一方的に上昇している時に買いを入れるのは精神的な抵抗があることも事実ですので・・・。

最後に私のシステムによる現在のトレンド判定ですが、長期はまだまだ下落トレンド継続、中期は上昇トレンドのままとなっています。