使用するパソコンの性能

28日のセミナーにご参加いただいた方々、どうもありがとうございました。

エンジュクさんでの単独セミナーは今回が初めてということもあり、キャンセル待ちの方々の人数も大変なことになってしまったようで、せっかく申し込みいただいたのに参加いただけなかった方々は大変申し訳ありませんでした。

さて、話は変わりますが、以前から私の使用しているパソコンの性能について、何度かご質問いただいていますので、回答させていただきたいと思います。

私のパソコンはショップブランド製なので、メーカー名などはありません。
CPUはよくわかりませんが、マイコンピュータのプロパティを見るかぎりでは「Pentium(R) D CPU 3.00GHz」となっていますので、ペンティアム製・デュアルコアの3ギガのCPUらしいです。
そして、メモリは2ギガです。

市販のソフトを使っている方(または、これから使う予定の方)にとって一番重要なのは、CPUの性能よりもメモリの量ではないでしょうか。
CPUはどんなに早くても、処理によってはフル活用できるとは限りませんので、どちらかというとメモリをたくさん積んだほうが短時間で検証をすることができると思います。

メモリは不足していないかぎりはどんなにたくさん積んでもまったく効果がないのですが、逆に言えばどんなにたくさん積んでも邪魔になることはありません。
自作でプログラムを組んだり、市販のソフトを使って検証される方は、5万円くらいの安いパソコンを買って、メモリをとにかくたくさん積むのことをおすすめします。(メモリは安いので)

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する