逆張りその後

先日、逆張り銘柄の買い付け宣言をしましたが、13日と14日の2日間で30銘柄程度を買い付けました。

前回の暴落のように逆張り銘柄数が100銘柄程度まで行ってくれれば文句なく全力買いできるのですが、今回は一気に日経700円下げなどにはならず、毎日少しづつ下落していった感じでしたので、逆張りの条件にヒットした銘柄は少なめでした。

そのため、レバレッジも1.5倍程度とやや消極的な仕掛けでしたので、現時点ではそれほど多くの利益が出ているわけではありません。
ただ、前回の暴落時と比較すると、仕掛けてからの反発が早かったのはよかったのではないでしょうか。
いずれ反発する可能性が高いとわかっていても、含み損の期間が長引くのは精神的に良いものではありませんので。

しかし、最近の日本市場はちょっとアメリカに連動しすぎではないでしょうか・・・。
アメリカが下げれば日本株も必ず下落するため、例えば本日利益を確定する銘柄の寄付きが低く始まる可能性が高いことになります。

まあ、これはいくら考えても対策する術はありませんし、長期的には上昇する確率と下落する確率はイーブンと割り切って諦めましょう。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する