なんで打率なんでしょうか?

今日は相場とは無関係な野球のお話です。

私は年に2、3回くらい(年末年始)しか普通のテレビ番組を見ないのですが、好きな野球(メジャー含む)だけは例外です。
もっとも好きなだけで軟式の草野球くらいしかやったことはないのですが(汗)

ところでプロ野球でいうところの3冠王といえば、「打率」「ホームラン数」「打点」でトップになることです。
まあ、ホームランはともかくとして、打点は自分の前に優秀な打者が多い人が圧倒的に有利だし、打率は単に「ヒットを打つ確率」であって、「塁に出る確率」ではないのですが・・・。

その年の抱負などを記者の方に聞かれて、よく「首位打者を取りたい」という選手がいますが、このような場合、私にはチーム成績よりも個人の成績を重視しているのではと捉えてしまいます。(もっとも本人はそこまでの意図はないと思いますが)

本当の意味で野球を知っている方ならおわかりかと思いますが、野球はスポーツの中でももっとも確率の影響を受けるシステムトレーダー向き(?)のスポーツです。
そうなると、確率的にもっともたくさんの点を取れる手段をとることが、チームを優勝へ導くということにもなるわけですね。

先ほども言ったように、打率はただ単に「ヒットを打つ確率」なので、フォアボールなどで塁に出る率は考慮されていません。
そこで、より実戦に役立つ指標が必要になってくるのですが、それが「出塁率」というものなのです。

あたりまえのことですが、ヒットで塁に出ることと、フォアボールなどで塁に出ることは本質的な価値は変わりません。
強いて言えば、フォアボールでは1つしか進塁できないのに対し、ヒットは2つ以上の進塁をできる場合があるということですが、「どれだけ進塁できるか」というのはまた別の独立した指標で見ればいいだけです。

私が言いたいのは、チームが得点を取る確率を高めるのなら、「打率」ではなく、「出塁率」のほうが遥かに重要だということです。
だから、出塁率よりも打率(首位打者)のタイトルが重視されるのはちょっとどうなのでしょう?とケチをつけているわけですね(笑)

また、「どれだけ進塁できるか」は別の指標で測ればいいとも言いましたが、それは「長打率」というものです。

長打=二塁打以上を打つことなので、ほとんどの方は長打率というと「二塁打以上を打つ確率」と思っているようですが、全然違います。
打率の場合は全部ヒットを打てば1.00(10割)ですが、長打率の場合は全部単打のヒットを打つと1.00(10割)、全部ホームランだと4.00(40割?)になります。
つまり、長打率は何を表しているかというと、「1回の打席でいくつ進塁させることができるか」を表しているわけです。(これも正確にいえば、四死球などの進塁が考慮されていないという問題がありますが・・・)

そうなってくると、強い(得点力のある)チームを作るには、とにかく出塁率の高い選手をずらっと並べるのが理想で、その次に長打率の高い選手を並べるということに尽きます。(まあ、出塁率の高い選手は長打率が高いことが多いですが)

ただし!
ひとつだけ(といってもかなり難解な)問題があります。
それは、数年前の巨人打線がそうだったように、単純に出塁率の高いホームランバッターをずらりと並べれば強いかといわれると必ずしもそうならない場合があります。
なぜなら、ホームランバッターの出塁率が高いのは、相手投手が警戒して四死球が多くなるからです。
ということは、後の打順に控えている選手もみんなホームランバッターだと投手は嫌でも勝負してくるため、本来の(弱いチームにいるときの)出塁率は期待できないのです。

そういったことを総合的に考慮すると、相手が勝負してきても出塁率が変わらない「本当の意味で出塁の上手な選手」をどれだけたくさん起用できるかが、強いチームを作れるかということになってくるのですね。

今度機会があれば、シミュレーションするプログラムを作って色々試してみたいと思います。

続く・・・。(続かなくてもいいって?)

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する