iPod

ブログを再開したはいいものの、私の場合はデイトレーダーの方々と違ってトレードのことばかりだとネタが続かないため、6~7割くらいは無関係な記事になりますがご了承くださいませ。(他の皆さんもそうしてらっしゃるようですし・・・)

本日、ついにイチロー選手が前人未到の10年連続200本安打を達成しましたね。
周囲から色々と言われながらもあっさりと達成してしまうところはさすがです。

松井(秀)選手についても地区が変わったため、慣れない投手を相手に前半こそ苦戦していましたが、この時期になってみれば昨年に近い成績まで挽回してきました。
もしも別の地区に移籍することがなければ来季はもう少し活躍するかもしれませんね。

同じ日本人としては両選手はもちろん、他の日本人選手にも頑張ってもらいたいです。

ちなみにイチロー選手は私よりも年齢が2つ上、松井選手は1つ上です。

スポーツ選手にとって36歳とか37歳というのは高齢の部類に入るみたいですが、実際のところ、身体能力はそんなに落ちるものなのでしょうか?

私は35歳になったばかりですが、正直なところ、とくに体力が落ちたとか体型が変化したという実感はありません。
むしろ体力が有り余っていてもっと動きたいくらいです。

ただ、わずかな差を競い合っているスポーツ選手にとっては瞬発力や動体視力がほんの少し落ちただけでも成績が大幅に悪化するのかもしれませんね。

私の場合、とくにスポーツはやっていなかったのですが、じつは最近、私がお仕事を手伝っている会社の人たちから誕生日に「iPod nano」というものをプレゼントされまして、これがなかなか面白いんです!

シューズにつけるセンサーと組み合わせると、なんと自分の走った距離やペースなどを測定することができるんです。
しかも、Nikeのサイトと連携していて、世界中の色々な人たちと競争したり仲間になったりできるというのがすごいですね。(ページがかなり重いのが難点ですが)

もともと気まぐれに走ったりするのは好きだったのですが、せっかく良いものをいただいたので、今年からマラソンにチャレンジしようと思います。

手始めに11/21に開催の「戸田マラソンin彩湖2010」というハーフマラソンと来年3/20開催のフルマラソン「板橋Cityマラソン(旧・荒川市民マラソン)」に申し込んでみました。

東京マラソンも毎年申し込んでいるのですが、まだ当選したことがありません。
こちらは厳しい競争倍率の抽選なので一生申し込み続けてもせいぜい2、3回しか当選しないでしょうね・・・

ちなみに私はどうやら神様にマラソンをやるなといわれているようで、申し込んだ東京マラソンは全部外れ、今年初めて参加することになっていた荒川市民マラソン(現・板橋Cityマラソン)はなんと強風で会場が吹き飛ばされたために中止となり、いつまで経ってもマラソン大会に出場することができないのです・・・(しかもお金は返ってきません(涙))

おまけに8年も前からアキレス腱に重大な欠陥を抱えているため、健康な人と同じ速度では走ることができず、タイムよりも距離を走ることを目標にするしかありません。

でも悲観的になっていても何の解決にもならないので楽しく元気に走ってます。
妻も長距離は未経験にもかかわらず、最初の10Km~12Kmくらいはジョギングに付き合ってくれるので孤独感はありませんしね。

妻も最初からこれだけ走れればハーフなんて簡単に完走できてしまうのではないでしょうか・・・。
末恐ろしいライバルになりそうな予感が(汗)

ということで、今日もこれから朝まで走ってきます!

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する