下落相場でも機能する逆張り

逆張り系の売買ルールは一時的な下落相場では非常に良い成績を出しますが、最近のように延々と続く下落相場には弱い傾向があります。

しかし、じつはちょっとした工夫をするだけで現在のような相場でも結構機能したりします。

下記のグラフはどちらかというと押し目買いに近い逆張り型の売買ルールを検証したものです。

20年単利.jpg※約20年間の単利運用による結果
5年複利.jpg※直近約5年間の複利運用による結果

じつはこれとほぼ同じ売買ルールを、今月号で残念ながら休刊となる『エコノミストマネー』の10月号に「移動平均線だけを使ったシンプルな投資法」ということで掲載させていただきました。

詳しくはそちらを見ていただければ幸いです。

また、システムトレードの達人で使用できるストラテジー(売買ルール)のファイルはこちらからダウンロード可能です。

ダウンロード –> エコノミスト_逆張り.wstr

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する