空売り銘柄の判定

本日は空売り銘柄の判定についてご質問をいただきましたので、簡単に回答させていただきます。

空売りで良いルールを見つけたときに、いざ実践みようとするといくつかの問題が発生することがあるかと思います。

例えば考えられるケースとしては

1.貸借銘柄でなかったため、信用売り注文が出せなかった
2.空売り規制がかかっていたため、信用売り注文が停止中だった
3.売買単位が大きくて保証金が足りなかった

などでしょうか。

上記の問題をどう解決するかはともかくとして、私が実際に空売り銘柄の判定として利用しているのは単純に「貸借銘柄であること」という条件のみです。

ちなみに貸借銘柄の一覧はこちらの日本証券金融のWEBサイトから取得することができます。

これだけだと上記の1以外の問題は解決できないことになりますが、私自身は空売り銘柄の正確性に対してはそれほど神経質になっていません。

実際に注文を出してみたときに「空売りできません!」といわれれば素直に諦めるだけですね(笑)

私の実体験でいうと、順張りの売りに関してはほとんどの場合、空売り可能な場合が多いのですが、逆張り(短期間で大きく上昇している銘柄)は規制がかかって売れないことが多いようです。

貸借銘柄はたしか1700銘柄程度だったかと思いますが、ある程度出来高等があり、小さな金額でも空売りできる銘柄に絞ると実際には数百銘柄しかないかもしれません。

しかし、実運用の成績がそれほどバックテストと異なっているという印象はないため、それほどこだわらなくても大丈夫かなというのが私の意見です。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する