完璧なタイミング!

先日の逆張りのタイミングは結果として完璧に近かったですね!
ちなみに昨年まで遡りますが、順張りのタイミングもなかなかだったと思いませんか?

もちろん、私は預言者ではありませんので、単純に統計的に有利なタイミングを書いているだけにすぎません。(だから当然、はずれることもあります)
トレードをしている私自身ですら100%成功するという確信を持っているわけではないのですが、それでも高い確率で勝てる場面では躊躇なくエントリーしないと、そもそもシステムトレードをやっている意味がありません。

今回の暴落に限らず、株式市場が急落したときには「ポジションを減らして様子を見る」とか、「一旦、損切りして株式市場の反発を待ってから買いなおす」といった類の意見をよく見かけるのですが、私はどうしてもそれが正しいやり方とは思えないのです。

例えば、今回の暴落で買いのポジションを減らした人は、一番利益を得ることができる時期に投げ売って、利益を得る余地が小さくなってから買い直していることになってしまいます。

投資やトレードには人によって色々なやり方があるのは百も承知ですが、1つだけいえるのは、そもそも相場が一方方向に大きく動いた場合には損切りせざるを得ないやり方をしていること自体が問題なのだと思います。

バリュー投資などを実践する場合、そんなに自分の選んだ銘柄に自信があるのであれば、日経平均などのETFでヘッジをかけておけばいいわけです。
そうすることで、相場の上下動にかかわらず、純粋に銘柄の選別の良し悪しで利益を得ることができるからです。(選んだ銘柄が日経平均等に勝てばOK)

ヘッジの売りも入れずにバリュー投資を実践するというのは、銘柄の選別ではなく、結局は相場が上下どちらに動くかという相場観に賭けていることになってしまいます。
投資をやっているつもりでトレードをやっているわけですね。

まあ、私も数年前までは結構偏ったやり方をしていたので、偉そうなことをいう権利はないのですが・・・(汗)

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する