今度は押し目待ち!

大震災の影響による買い占め問題は関東と東北だけかと思っていましたが、関西などでも水や保存食などは一部同様の問題があるそうですね。
また、九州は買い占めはないそうですが、なぜかコンビニなどでは節電の動きがあるそうです。

全国的にメディアの報道に対しては過敏になりすぎているようですね・・・。
(情報を提供くださった方々、ありがとうございました!)

大変な時期ではありますが、今後(復興後)のことを考えれば、私たち(被災者以外の方)はできるだけ普段どおりに仕事を続けていくことが日本全体のためだと思います。
募金や節電など、協力できることは協力しつつも、その他は普段どおりに仕事をこなしていきたいですね。

さて、表題のお話ですが、先週末から本日の寄り付きでかなりのポジションを決済しました。
もちろん勘ではなく、単純にシグナルに従ったまでですので、個人的にはまだ上昇余地があることは否定しません。

もう少し具体的にいうと、運用資金に対するポジションは約75%(つまり、レバレッジ0.75倍)まで減りました。(ちなみにほとんど買いポジションです)

実際には現物と信用のポジションが混在しているのですが、実質的には両方(現物+信用のポジション)を合わせても信用の余力が丸々すべて空いている以上の余裕があることになります。

どうやら今日は、かの有名なウォーレン・バフェット氏らが日本株に対してポジティブな発言をしたことがきっかけで上昇したとのことなのですが、バフェット氏のような長期投資家ならともかく、短期のトレーダーが買うタイミングとしてはちょっと遅いんですよね~(もう私がほとんど売ったくらいなので…)

今現在の私のスタンスとしては、どちらかというと急騰後の押し目(一時的な下落)を待つという感じでしょうか。
もっとも、確実に押し目があるとは限りませんが、このまま緩やかに上昇していけば順張り系のシグナルが出始めるでしょうし、一旦大きな押し(下落)があれば、もう一発逆張りのチャンスになるでしょう。

ただ、順張りは実際にシグナルが出るまでにはかなり日数がかかるでしょうし、私の場合、システムの成績は逆張りのほうが圧倒的に良いので、私個人としては1日だけでも大きく下落してほしいのですが・・・。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する