行ってきました!

前回に引き続き、トレードと無関係な話で申し訳ありません。

ついに行ってまいりました。私にとって人生初のウルトラマラソンである丹後100Kmウルトラマラソン!

・・・・・・・・・の60Kmの部(汗)

会場.jpgのサムネール画像
今回はなんと(おそらく)大会史上最高気温を記録した恐ろしい大会になりました。
しかもずっと強い日差しに晒されていたため、私などは日焼けを通り越して全身大火傷の有様です。

途中で救急車が何度も通ったので、熱中症で運ばれた人が相当数いたと思われます。
35℃近い直射日光の下に8時間以上もいたら、たとえ走っていなくてもそこにいるだけで倒れますって。。。
そんな中で出場者は8~13時間も走り続けなければならなかったわけですからね。

それはともかく、今回は出走以前に「まともに歩くこともできないのに走れるはずがない!」と妻は断固出場を阻止する姿勢を崩さなかったため、説得するのにかなりエネルギーを消耗しましたが(汗)

で、結局どうなったかというと、一応はなんとか完走(完歩?)しました。一応は・・・

メダル.jpg先日、雰囲気だけ楽しんで棄権するとは言ってみたものの、やはりせっかく参加するのだから走ることのできない足でも何とか完走する方法はないかとあれからずっと作戦を考えていました。
そこで前日に寝ながら思いついたのが、超小股のすり足走法です。

左足のふくらはぎの筋肉はまだ完全にくっついているわけではないので、強い衝撃が加わると再断裂を起こす可能性が高いと思うのですが、小さな衝撃なら長い時間耐えられるのではないかと考えたわけです。

例えばガラスの薄い板を拳でゴツンと殴れば一発で割れてしまうでしょうが、その1000分の1の力で1000回の衝撃を与えてもビクともしませんよね。
ようは患部への1回に与えるダメージを小さくしようというわけです。

それに患部の左足を包帯でガチガチのぐるぐる巻きにしたうえ、サポーターで隠しました。
患部を隠したのは、怪我をしているのが主催者にばれてしまうと出走取り消しにされてしまうのが怖かったからです。。。

もちろん、この方法では非常に遅いスピードでしか走れないため、当然タイムは諦めて制限時間ギリギリの完走狙いということになります。
具体的には34.2Km地点の関門閉鎖が5時間なので、そこまでは何とか右足の力だけで走り(肉離れをしている左足は地面すれすれに引きずりながらそ~っと置くように接地する)、あとは歩く!歩く!!歩く!!!
という作戦です。

・・・と考えてはみたものの、本番でやってみるとこれが意外と難しいんですね。(実際に試してみるとわかります)
コツをつかむのに10Km以上もかかったため、本当にまた断裂してしまうかと思うくらいの恐怖心でした・・・。
とくに山を下るときには本来あまりブレーキをかけてはいけないのですが、今回はあえてスピードを殺すために右足だけでブレーキをかけざるを得なかったため、右足の爪が途中で陥没してしまいましたし(涙)

まあ、ウルトラマラソンなんて爪がはがれたり、疲労骨折したり、そこらじゅうが血まみれになるのなんて当たり前なので、そんなことをわざわざ気にする必要はありません。
それよりもゆっくりしか走れないというのは本当にフラストレーションが溜まりますね。
初めて出場したハーフのときは、だいたい4分35秒/Kmくらいで走ったのですが、今回は1歩40cmのすり足でしか走れないので、速いときでも7分/Kmくらいでしたから。
怪我をする前の予定では、潰れるまでは5分30秒/Kmで走り、その後は根性で粘るはずでした。。。

でも大会自体は本当にすばらしい大会だと思いました。
東京で開催されるマラソン大会などとは違い、最後にはスタッフや地元の方々がハイタッチや応援で迎えてくださり、ゴールする人を一人ひとり名前で呼んでくれるんです。

自分自身がゴールしたときももちろん嬉しかったのですが、あとからゴールしてくる人たちも応援したいという気持ちにさせられ、結局最後の一人がゴールし終えるまでその場でずっと応援していました。
制限時間まで残りあと30秒!というようなときには「早く!早く!」ってこちらのほうが熱くなってしまいましたね。
制限時間からわずかに10秒ほど遅れてゴールした人のときなんかは思わず半べそかいてしまいました(涙)

ぎりぎりゴール.jpg
本当に運営も応援も熱くてすばらしい大会だと思うので、走るのが好きな方は是非来年の参加をおすすめします!

今回、私は60Kmの部での参加だったので、足も体力もかなり余力を残してゴールできましたが、100Kmだとこうはいかなかったと思います。
60Km走りきった後に「じゃあフルマラソンをもう1本いってみよう!」って言われるようなものですからね(汗)

走った後は、肉離れの患部以外にどこも痛むところはなく余裕があったのですが、右足の力だけで走っていたせいか、翌日から右足だけ2日間くらい筋肉痛になりました。
まあ、これくらいで済んだのならむしろ軽いほうかもしれませんが。

それにウルトラマラソンを少し甘く見ていた部分があってちょっと反省点もあります。
怪我のない状

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する