逆張りに変化の兆し?

およそ1ヶ月ぶりの更新になります。
ようやくあと1、2週間で手持ちの仕事が落ち着きそうなので、今月から更新の頻度が少し増やせるかもしれません。

今日は逆張り系のシステムの話なのですが、昨年あたりから私が使用している逆張りに少し変化を感じています。
厳密には仕掛けではなく、決済のほうですね。

私の逆張りは2種類のものを使い分けているのですが、いずれも仕掛けは指値などを使用し、決済は翌日成行き注文というパターンです。

仕掛けについてはそれなりに良いタイミングで入れるのですが、せっかく利益が出ていざ決済ということになると、前日よりも大きく値を下げて寄り付くことが非常に多くなっている気がします。
ようするに、株価が大きく上昇した翌日の寄り付きは(たとえ日経平均が上昇しても)かなり安い価格で寄り付くわけです。

これは私の推測でしかないのですが、上記の現象は逆張り系の投資手法を使う人の人口が増えたというよりも、引け間際に大きく上昇した銘柄を買って翌日の寄り付きに売る(つまり、ギャップの値幅をとる)という人が増えたのが原因なのではないかと思います。

以前はこのような戦略も通用したのですが、最近は大きく上昇した銘柄の翌日の寄り付きはかなり安くなる傾向があるので、現在はもう通用しないのではないでしょうか。
【メモ】本日:35.05Km(目白大学・山手通り)、今月:162.72Km、本番まで59日

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する