投資本の価値

じつは、現在書いている本の執筆がようやく終わりそうという段階にきました。(今度はなんと米国株です)

私はもともと文章を書くのが遅いので、普通の人なら3~4ヶ月で書くものを1年くらいかかってしまいます・・・。
といっても、原因のほとんどは別の仕事をたくさん抱えているせいかもしれませんが(汗)
まあ、執筆中に失踪してしまう方もたま~にいらっしゃるみたいなので、それよりはいくらかマシかもしれませんね。

ところで投資本などの実用書の価値といえば、普通は情報の価値ですよね?
さらにいうと、まったく同じ内容が伝わるのであればダラダラと長いものよりも、よりコンパクトに短くまとまっているほうがいいはずです。
となると、良い本に優先順位を付けるとしたら、

内容が良くてページが少ない本 > 内容が良くてページが多い本 > 内容が悪くてページが少ない本 > 内容が悪くてページが多い本

になるはずです。
内容が悪いのに500ページも読まされて時間を取られるのは苦痛以外の何ものでもないはずです。普通は!

たしかに常識的にはそうなのですが、よく実用書のレビューを見ていると、「このページ数で2000円は高い!」などのコメントを非常にたくさん見かけます。
ようするに、本の価値は情報そのものよりもページ数で決まると考えているようなのです。

おそらく、そのような方たちからすると、実用書の優先順位は

内容が良くてページが多い本 > 内容が悪くてページが多い本 > 内容が良くてページが少ない本 > 内容が悪くてページが少ない本


となるのではないでしょうか?

出版社のほうでもそれはわかっているようで、内容如何にかかわらず、定価を高くする場合はページ数を増やし、定価を安く抑えたい場合はページ数を減らすという方法で調整をするのだそうです。
ちなみに私の本は、なるべくページ数を多くするようにと言われています(汗)

全部ひらがなで書いてページ数でも引き伸ばしましょうかね~(もちろん冗談ですが)

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する