順張りのシグナル数

株式市場はしばらく膠着状態が続いていますが、200日間の株価位置が80%以上(株価が上部20%)の位置にある銘柄が500銘柄を超えていますので、客観的にみると環境は好転してきているようです。

何度かお話させていただいたことがありますが、ボックス状態が長く続いた後ほど大きな上昇が待っている可能性が高いため、このあと多くの銘柄が高値更新するようなら、日本株は想像以上に大きく上昇するかもしれません。

ただ、私としては逆張りのシグナルが少ないのがちょっと残念ではありますが・・・