ほとんど約定せず

本日は寄り付きから安く始まり、そのまま終わったため、発注した銘柄はほとんど約定しませんでした。

 

私のシステムの場合ですが、どのようなパターンが利益になるかというと

1.寄り付きが高く始まり、引けにかけて下落して終わった場合(空売りが利益)

2.寄り付きが安く始まり、引けにかけて上昇して終わった場合(買いが利益)

です。

 

続いて利益になりやすいパターンは

1.寄り付きはあまり変わらずに始まったが、一回は大きく上昇して引けにかけて下落して終わった場合(空売りが利益)

2.寄り付きはあまり変わらずに始まったが、一回は大きく下落して引けにかけて上昇して終わった場合(買いが利益)

となります。

 

逆に損失になりやすいパターンはというと

1.寄り付きが高く始まり、引けにかけてさらに上昇して終わった場合(空売りが損失)

2.寄り付きが安く始まり、引けにかけてさらに下落して終わった場合(買いが損失)

 

つまり、平たく言えば、寄り付きから引けにかけて逆方向にさえ株価が動けば、空売りか買いのどちらかで利益がとれることが多いというわけです。

ただし、毎日買いと売りが半々に出ればいいのですが、たいていの場合はどちらか一方に偏るため、そうそういつも理論通りになるわけではないのですね。

 

ちなみに本日のシグナル発生状況はというと、空売りと買いの比率が4:6くらいなので、比較的バランスが良いほうです。

連休明けはなんだか取れそうな予感・・・

 

 

 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。