まだまだ?

以前の投稿時からは多少下落はしましたが、下落の勢い自体が中途半端なため、確実に底だといえる状況にはなっていないかもしれませんね。

ただし、高値から見ればそれなりに下げてはいるので、一旦は反発する可能性もあるにはあります。(予測はできません)

 

私のシステムでは、フィルターを使ったタイプの浅い逆張りは頻繁に出ているのですが、シグナルさえ出ればほとんど100%近く勝つというタイプの逆張りはまだシグナルが出ていません。

通常は最後の下落が一番激しいので、たとえば本日時点で信用の余力がほとんど残っていない(維持率が40%を割っている)ような人は、明日以降に下落することがあればおそらく追証になるのではないかと思っています。

逆に言えば、多くの投資家が追証になることで大底が確定するので、明日ないしは明後日に日経平均が1000円くらい下落すれば、一旦の大底が確定といってもいいでしょう。

もっとも、現時点でももう少し浅めの下落で買い付けるシグナルはかなり出ているため、最後の大暴落がないまま反発する可能性もありますが・・・。

 

本日時点でそれなりの買いポジションを持っている私としては、後者のほうが希望です(笑)

 

逆張りはもう少しか?

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

新年早々、5日続落というのは戦後初めてのことらしいですが、下げ幅そのものは昨年の夏ほど激しいものではないため、まだ本格的に逆張りのシグナルは出ていません。

暴落があるとしても、その前に1回は反発するでしょうから、絶好のチャンスといえる暴落が来るのはもう少し先になるかもしれませんね。

 

相場は正確には予測できないのですが、長期のチャートをみると下落トレンドに転換したようなので、今年は14,000円台くらいまで下落する可能性もあるのではないかと思っています。

私の場合はシステムに忠実に売買するだけですので、下落することを前提に何か特別なことをするわけではありませんが・・・

ただ、暴落は大きなチャンスであることは確かなので、そのタイミングが来たときは当ブログでもお知らせしたいと思います。