ストップ高(安)を回避する方法は?

昨日の続きです。

デイトレなどでストップ高(安)をつかんで大きな損失を出すことを回避する方法はないかというと、ないことはありません。

ただ、トータルでみたときには利益が減るので、損失をコストとして受け入れることができる場合には、あえてストップ高(安)を掴むのを受け入れるほうがいいとはいえます。

しかし、どうしても大きな損失を出したくないという人もいるでしょうから、そのような場合には少しでもストップ銘柄に当たる確率を下げる方法を取るといいでしょう。

 

具体的な方法としては、まず空売りの場合には「高値を更新しそうな位置にある銘柄を避ける」というのが1つです。

たとえば、過去100日の高値近辺まで上昇している銘柄を空売りの対象から外せばストップ高に当たる確率は下がります。

もう一つは、「直近のボラティリティ(値動き)の大きい銘柄を避けること」です。

とくに直近数日間の値動きが大きい銘柄ほどストップになりやすいので、そのような銘柄を避けるという方法もあります。

ただし、トータルでみた場合にはボラティリティの大きい銘柄ほど利益率が高いため、この方法を採用すると、ストップ銘柄を引きずらくなるかわりに利益も犠牲になるというデメリットがありますので、それを承知で採用するしかありません。

 

ちなみに私自身はというと、ストップ銘柄を引く可能性の高いタイミングでも果敢にトレードしに行くタイプです(笑)

まあ、その分リスクの取り方には慎重だから可能なわけですが。

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する