割高感からの空売りは・・・

さすがに1日でフルマラソン4本分以上の距離を走ったらダメージが大きく、まだ思った通りに体を動かすことができません。

明日の夜は外出しなければならない予定があるのですが、果たしてたどり着くことができるでしょうか・・・

 

さて、表題の件ですが、最近は株式市場も一気に盛り上がって気がついたら日経平均も2万円の大台が間近です。

まさに誰がやっても勝てる相場なのですが、一方で過熱感から「そろそろ空売りを入れたほうがいいのでは?」という意見もチラホラ聞くようになりました。

もちろん相場の行方は誰にもわからないのですが、私個人の意見としては反対です。

 

というのは、本当の上昇相場が始まると色々な指標が「過熱状態」のまま張り付くことが多いからです。

また、統計上、「ボックス相場の期間が長いほど、上抜けしたときの上昇率が大きい」というデータもあります。(これは私が独自に調査済です)

このことからも、じつは多くの人が考えているよりも大きく上がっていく可能性があると考えられるわけです。

 

また、「相場の底」は比較的予測しやすい(私の過去のブログでもだいたい予測が当たっている)のですが、「相場の天井」はプロでもピタリと当てるのは不可能だと思います。(当てた人がいたとしても、そのときたまたま当てただけで、常に当てることはできません)

何度も言うように、このまま上がっていくかは誰もわからないのですが、「まだまだ上がってしまうかもしれない」という前提でトレードしないと危険ということが言いたいだけです。

 

現状で買いのポジションが多いのであれば、先物やレバレッジETFなどで一定量だけヘッジしておくくらいはありだと思いますが、ここから下落するほうに賭けて「売りのポジションを中心に組む」というのはやめたほうがいいでしょう。