今月の損益

今月の損益は・・・・・・

 

なんとプラス1万円!(笑)

率でいうと、ほぼプラスマイナスゼロのトントンでした。

 

そもそも今月は異常なほどシグナルが少なかったため、あまり資産が変動しなかったというだけではありますが・・・

本日時点でも買いが3銘柄、売りが1銘柄ですので、あまり株式市場の影響は受けない状態になっています。

昨年も1月は難しかった記憶があるのですが、2月はこのあたりでドッカーーンと一発暴落してくれないでしょうか。

タカタに買いシグナル!

先日空売りしていた東芝は初日こそ踏まれましたが、無事に利益を確定できました。

それよりも要注目なのは、今話題のタカタに逆張りで買いのシグナルが出たことですね。

ほとんどの逆張りは悪材料があったと思われる動きがあれば買いシグナルが出ないようになっているのですが、悪材料があっても関係なく仕掛けるタイプの逆張りで昨日初めて買いシグナルが点灯しました。

 

・・・で、さぞかし儲かったと思いきや、なんといきなり寄り付きからストップ高買い気配で約定しませんでした・・・(涙)

何か良い材料が出たようですが、そういうことは私が買った後にしてほしかったですね~

悔しい!!

東芝・・・

本日より私は東芝を空売りしているようです。

他人事のような言い方ですが、今含み損になっているのをみて気が付きました(汗)

てっきり東芝は規制がかかっていると思ったのですが、ちゃんと空売りができるのですね・・・

ちなみにデイトレではなくスイングです。

 

目下のところ、今月はトータルでマイナス1.6%ほどの損失になっています。

わずかとはいえ、まさかいきなり初月からマイナスになるとは思いませんでした。

まだ今月が終わったわけではありませんが、残りの日数でプラス転換は少々難しいでしょうか・・・

 

 

レバレッジ系ETFには注意!

株式市場が下落したときのためにヘッジとして、「日経平均ベア2倍上場投信 (1360)」(日経平均が下落すると利益になるETF)などを買っておこうというのは誰もが一度は考えたことがあるかと思います。

ただ、このレバレッジのかかったタイプのETFには注意が必要です。

通常のETFと違い、仕組み上、日数が経過するほど価値が下がっていくからです。

それも、半年くらい保有していたらほとんど利益にはならないというくらい厳しい下落率のため、長期でヘッジに使うのはやめたほうがいいかと思います。

せいぜい数週間で確定できるようなやり方ならいいかもしれませんが、そうなってくると使い方が難しいですね。

 

同様の理由から、「原油ダブル・ブルETN (2038)」なども短期トレード以外には買い付けないほうがいいでしょう。

昨年機能したルールと機能しなかったルール

2016年は後半こそ大幅に上昇して終わりましたが、全体的に難しい相場だったという人が多いかと思います。

感覚的な話はともかくとして、実際に昨年中に成績の良かったルールとそうでなかったルールをタイプ別にまとめると以下のような感じです。

 

【例年よりも成績の良かったルール】

・スイングの空売り

・順張り買い(ただし、含み益ベースの成績)

 

【例年よりも成績が悪かったルール】

・押し目買い

・デイトレ買い

 

【例年とあまり変わらないルール】

・逆張り系

・デイトレの空売り(ただし、例年よりほんの少し悪い)

 

こうしてみると、押し目買いやデイトレ買いなどのいわゆる「浅めで買い付けるルール」の調子が悪かった一方で、スイングの空売りや順張りで大幅にカバーすることができたため、何とかそれなりの成績で終えることができたということになるようです。

色々なタイプのストラテジーを併用することで、いずれかのルールが調子悪くても、他のルールでそれ以上にカバーできる可能性が高いというのは間違いないところでしょう。

シグナル少なめ

この数日間は日経平均が下落しているため、押し目買いは1日2、3銘柄程度出ますが、全体的にまだシグナルが少なめです。

また、なんとなく最近は比較的大型株が多い気もします。

先日手仕舞いした東芝もそうですし、明日は押し目買いで買い付けた任天堂が手仕舞いです。

あまり細かく書くとシステムをトレースされるのが嫌なので、ざっくりいうと大手のディスプレイメーカーに買いシグナルが出ていますし、データセンター運営の大手企業などは反対に空売りで保有中です(こちらはもう手仕舞いますが)。

ただ、全体としてシグナル自体が少ないため、本格的にトレードできるのはもう少し株式市場が下落した場合になりそうです。

個人的にはこのあたりで大きな下落が希望ですが、どうなるでしょうか・・・

年初来マイナス転換・・・

昨日の日経平均の下落で資産が1%以上マイナスになり、年初来でわずかにマイナスに転じました。

そして本日は日経平均が上昇したにもかかわらず、なぜかほとんど資産が増えないという・・・(汗)

 

個別にみてみると、ほとんど「メタップス(6172)」や「イグニス(3689)」などの数銘柄だけが足を引っ張っていることが判明しました。

両方ともマザーズですね。

 

マザーズ銘柄は良くも悪くもボラティリティが大きいので、他にあまり保有銘柄がないときにはマザーズ銘柄に資産の動きが左右されやすいという印象です。

ところで昨年にマザーズ先物が上場しましたが、これをうまく使う方法はないかと思案中です。

 

東芝売却

先日逆張りで買い付けていた「東芝(6502)」に売りのシグナルが出たため、本日売却しました。

利益率としては5%ちょっとですので微々たるものですが、大型株でそれなりの資金量を入れることができたので金額としてはまあまあでしょうか。

 

今年に入ってから全体としてはまだあまり資産の動きはなく、昨年末から比べると+1%くらいです。

さすがにここから一気に上昇相場が加速とはいかないでしょうから、しばらくは押し目買いのシグナルが出やすい相場が続くかもしれません。

ポジション少なめ

新年あけましておめでとうございます。

昨年は個人的には良い年になりましたが、1年で終わらないように頑張ります。

 

さて、新年早々はそれなりの上昇で始まりましたが、現時点で私のポジションは逆張り系の買いが3銘柄と順張りの買いが5銘柄のみでほとんど銘柄を保有していない状態です。

多分、運用資金の3割くらいしか埋まっていないと思いますので、どちらに動いても変動は少ないということになります。

上昇相場にもかかわらず、新たな順張りのシグナルが出てこないところをみると、すでに大きく上昇してしまった銘柄が多いのかもしれません。(ボラティリティが高すぎるとシグナルが出ないようになっているため)

 

今後の株式市場がどうなるかは私の知るところではありませんが、理想としては上昇相場を維持しながら時々下落して逆張りか押し目買いのチャンスが来ると嬉しいです。

 

今年もよろしくお願いします。