トントンまで戻し

月初にやや大きめの損失を出してから、その後は若干押し目買いなどで大きな損失が出なくなってきたため、ようやく月初の水準まで戻しました。

しかし、過去を見渡しても8か月間資産が動かない年なんて記憶にありません。

今年はそれだけ株式市場のボラティリティが低いということなのでしょう。

 

逆に言えば、上か下かどちらに抜けるかはわかりませんが、この後非常に大きな動きが待っているということです。

今年の後半は昨年のように稼ぎ時になるのは間違いなさそうですので楽しみですね。