順張り4本体制

以前から時間のあるときに少しずつ手を付けていた新しい順張りが9割がた完成しました。

これで私の使用している順張り系のルールは4本目です。

といっても1本は昔からそのまま使い続けているだけのもので、あまり売買の頻度は高くないため、実質的には3本でしょうか。

 

あまり中身の細かい話はできないのですが、東証一部等の大型株系と新興市場の小型株系とで分けています。

資金量にもよりますが、順張りだけの組み合わせでも結構な利回りが出せるようになりました。

ただ、相場はいつピークを打ってもわからない状況ですので、役に立つのは当面先になるかもしれません・・・

年内に入ってからの相場

昨年はほぼトントンとはいえ、わずかなマイナスで終わってしまいましたが、今年に入ってからはどういうわけか好調です。

わずか数日で一昨年末からの資産を更新したので、あと1週間あればプラスで終えることができたことになるのですが、そのあたりは結果論なので仕方のないところです。

それよりも、昨年の後半は主に押し目買いや順張りの改良や新規作成を行ったのですが、その効果が徐々に出てきているため、今年は勝手に期待していたりします。

現時点ではあまり内容は言えない(言いたくない)のですが、東証一部の順張りが好調なうえ、昨年新しく作成した新興市場の順張りが良い感じにはまっています。

もっとも日経平均はかなり妥当~割高な水準になりつつあるので、順張り相場もいつまで続くかはわかりません。

昨年はまったく逆張りのチャンスがありませんでしたが、今年はそろそろ一波乱あってもおかしくないのではないでしょうか。

順張り、押し目買い、逆張り、あるいは買いと売りのどちらでも取れるようなバランスが要求される相場になりそうですね。

昨年の損益

新年あけましておめでとうございます。

なんだかんだで3か月以上ぶりの投稿になりました。

 

リアルの場でお会いした方々には心配されるのですが、残念ながら(?)とくに何かがあったというわけでもありません。

単純に昨年の後半は色々な仕事が入って更新するのが面倒くさ…忙しかったのが理由です。

 

とりあえず新年初の投稿ということで、昨年の成績のご報告です。

結論からいうと昨年の利益は「-1.87%」でした。

ほぼトントンではありますが、わずかでもマイナスという意味ではなんと11年ぶりのマイナスなんですね。

 

昨年は全体的には上昇相場になったため、結果的には持ちっぱなしの初心者に儲かった人が多かったようです。

もっともこれは結果論ですので、長期的にはシステムトレードを続けていたほうが利益が大きいのは言うまでもありませんが。

 

昨年は日銀が買い支えるという特殊で人工的な相場だったため、過去の統計を利用したシステムトレードは全体的に苦戦した人が多いのですが、日銀はすでに色々な企業の大株主(名義上は信託銀行)になっているため、そろそろ買いを続けるにも限界なのではないでしょうか。

ということは、今年はそろそろシステムトレードの復活相場となるでしょうか?