3月、4月の相場

本日はとあるイベントで多くのシステムトレーダーとお会いしたのですが、やはり3月から4月にかけてはほとんどすべてのシステムトレーダーが苦戦を強いられているそうです。

これは予想通りといえばそうでしょうか。

基本的に相場が長期の上昇相場から下落相場に転じたばかりというのは、どのようなシステムでも利益を取りづらいのが一般的です。

 

良いほうに考えれば、システムトレーダーだからあまり損をせずに済んでいるという考え方もできるかもしれません。

裁量トレーダーは腕前の差が出やすいこともありますが、多くのトレーダーはもっと苦戦しているのではないでしょうか。

 

これは私の個人的な考えですが、今年は昨年のように日銀が人工的な動きを作り出しているといったわけではなさそうですので、今後は少しずつ利益を出しやすい通常の状況に戻っていくような気がします。