割高相場

システムトレードとは関係ないのですが、以前からとくに米国の株式市場は割高な領域まで到達しています。

割高、割安というのは、PERから見て株価が高いか安いかということもありますし、GDPに対して高いか安いかということもありますが、いずれの基準からみても割高のようです。

当然、米国の株式市場が崩れれば日本もそれ以上に下落することが多いため、そういう意味では暴落を拾えるチャンスは近いかもしれません。

問題は、たとえファンダメンタルズ的に割高だとしても、しばらくはそのまま上昇を続けることも多いところです。

つまり、「近いうちに急落相場にはなるが、それがいつになるかはわからない」ということです。

私としては暴落大歓迎ですが、すぐにはそのときはやって来ないのでしょうね~

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する