新興市場による統計の信頼性

今月に入っても相変わらず鳴かず飛ばずの状態が続いていますが、売買ルールを個別にみると主にデイトレ系(買い、売りとも)は比較的好調で新興市場を対象とした順張りが不調という感じになっています。

じつは昨年から使い始めた新興市場専用の順張りには大きな懸念材料があります。

というのは、基本的に新興市場はずっと上昇を続けてきたため、もしも天井を打ってしまった場合には、そもそも統計結果の再現性がなくなってしまうからです。

当たり前の話ですが、上昇相場が続いている間は順張りでも押し目買いでも統計上は何でも勝てるという結果になります。

東証一部などは色々な相場の歴史があるので、統計結果は比較的信頼できるのですが、日本の新興市場や米国株市場などは歴史的にみてずっと上昇し続けているため、そういう意味では統計結果は割り引いて解釈したほうがいいかもしれません。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する