仮想通貨の損失繰越方法は?

ビットコインでどんなに大きな損失が出ても、他の損益と通算もできず、翌年度以降に損失を繰り越すこともできないという恐ろしい問題があります。

これを解決しようと思ったら、初めから法人(株式会社や合同会社)を作り、その法人で売買するしかありません。

 

法人には「雑所得」という概念がそもそもないため、仮想通貨の利益もすべて売上(損失)として計上されます。

しかも損失は最大で9年も繰り越すことができるので、仮にビットコインなどで大きな損失が出ても、それを回収するまで9年間はほぼ無税ということになるのです!

強いてデメリットをあげるなら、赤字でも毎年数万円の税金はかかるので、極端に小さな金額で運用するなら(あまり儲ける見込みがないなら)個人で売買したほうがいいかもしれません。

 

ちなみに会社を作るというと大変なイメージがあるかもしれませんが、合同会社であれば1週間もあれば簡単に設立できますし、事業所の登録は自宅でかまわないです。

 

株に関しては個人での税率が安く、損失の繰り越しもできるため、法人で売買するメリットがありませんが、仮想通貨を売買するなら法人のほうがいいのではないでしょうか。

 

まあ私は仮想通貨の売買はやりませんが(笑)