仮想通貨はありか?

ビットコインを含む仮想通貨のブームはそろそろ終焉が近い雰囲気になってきたでしょうか。

どんなものにでも言えることですが、素人が参入をし始めた段階で既に後から入ってくる人はほとんどいない状態になるため、そのあたりが天井になることが多いです。

まあ、今後の価格の予想は置いておくとして、ビットコインなどで運用するのはどうか?という質問を受けることがあります。

 

じつは仮想通貨の利益は「雑所得」になるという国税庁の公式見解が出た時点でやめておいた方が無難といえるでしょう。

雑所得に対する税金は私から言わせると「悪魔の税金」です。

具体的にはどういう税金かというと、

1.損失を翌年以降に持ち越すことができない

2.他の損益と合算することができない

という恐ろしいものです。

 

これがどれだけ恐ろしいかという具体例をあげましょう。

Aさんは昨年、ビットコインで1憶円の利益を確定しました。

ところが今年は暴落で6000万円の損失を出しました。

さて、このAさんの手元にはいくらのお金が残るでしょうか?

もちろん4000万円ではありません。

答えは・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

-1500万円(1500万円の借金)です。

※細かい計算は除外しています。

 

昨年の1憶円に対して最高税率の55%が適用されるため、なんと5500万円の税金を納めなければなりません。

しかし、Aさんは今年損失を出しているため、手元には4000万円しか残っていません。

ところがそんなことはお構いなしにお国や自治体は問答無用で5500万円を持っていってしまいます。

 

さらに酷いことには、今年の6000万円分の損失については他の所得から差し引くこともできず、さらに来年に損失を持ち越すこともできません。

さらにさらに・・・税金には時効もなく、自己破産しても永久に払い続けなくてはならないため、下手をするとこれだけで一生借金の返済に追われて人生が終わってしまいます・・・

 

Aさんはトータルでは4000万円の利益が出ているはずなのに今後は借金を返すだけの人生になってしまうわけです。

恐るべし悪魔の税金「雑所得(税)」!

 

もっとも、雑所得でこのような悲惨な人生にならないような回避方法もあります。

それについては長くなるため、また次回ということで。