曜日アノマリーは終わりか?

週末(連休がなければ金曜日)の株価は安く、週の初めは高いというのは常識ですが、この1年半くらいは逆の動きになることが多くなってきています。

過去にずっと右肩上がりで勝ち続けてきた曜日アノマリーを利用した売買ルールは、なんと私が発注したときに限って勝率0%(「銘柄」単位ではく、「日」単位で)が続いているのです…(汗)

とくに今日は致命的な損失を被りました。

 

全期間でみれば多分トントンくらいなのかもしれませんが、どうしても週末は場中に発注できないことが多く、たまたま私が発注できたときには一度も勝った日がありません。

逆に言えば、私が発注しなかったときに発注していれば大きな利益になっていたということになります(笑)

 

以前から感じていたのですが、アノマリーが世の中の常識になり、多くの人が利用するようになったこともあり、昔よりもずいぶんと優位性が落ちた気がします。

利益が少しが落ちただけならまだいいのですが、この1年半は真逆の動きをすることが多く、他の追加条件なしだとかえって損失になってしまいます。

 

半分自動化しているとはいえ、その場にいないと発注することができないという手間もありますし、さすがに勝率0%では続けていくかどうか悩ましいところですね。