プチ逆張りシーズン

今月に入って久しぶりに資産がプラス転換をしてから、マイナス→プラス→マイナス→プラスと慌ただしく変動していますが、今のところ何とかプラスで踏みとどまっています。

全体的に下げても、何かしらの逆張りが上昇して損失をカバー出来ているのが大きいです。

 

本日の株式市場は300円ほど下落しましたが、率でいうと大した下落率ではありませんので、まだまだ急落といえる段階ではありません。

この数年は日銀によるETFの買い支えがあったため、ほとんど急落相場がありませんでしたし、現在も同じような状況が続いていますが、個別にみれば買える銘柄が出てきています。

 

ちょうど第一四半期の決算発表シーズンということもあり、急落する銘柄が出始めました。

一度にたくさんの銘柄に買いシグナルが出ることはありませんが、毎日のようにポツポツとシグナルが出ているため、気づいてみればここ数ヶ月で一番逆張りのポジションが多い状態になっています。

 

本日も数は少ないものの、押し目買いが2銘柄、深い下落を拾う逆張りが1銘柄、浅めの下落を拾う銘柄が2銘柄出ています。(浅めの下落で買う逆張りについては約定する割合が10%を少し超えるくらいなので、買えればラッキーといった程度ですが…)

 

普段は資金の余力が多いのでデイトレが中心になっていますが、逆張りの買い付けでだんだん余力も少なくなってきたので、これから楽しくなりそうです。