金利が上昇すると・・・

日銀が金利の上昇を容認したという報道があってから、国債の価格が下落(金利が上昇)してきています。

もともと日本はこれ以上ないくらいまで金利が低かったため、金利は上がる(国債価格は下がる)しかないはずなのですが、日銀が国債を買い支えてきたため、国債が下がると思って空売りしても日銀にはかないません(汗)

これまで延べ数千のヘッジファンドが日銀に敗れ去っているくらいですので・・・

個人が株価を買い支えたり、株価を操作すると違法なのに、日銀が国債の価格を操作するのは合法というのもおかしな話ですよね。

 

ところで金利が上昇するのがわかっているなら、「金利が上昇することで利益が得られる商品」を購入すればいいのですが、じつは直接的に利益を出せる商品は実質的にはありません。

先に述べたように、国債は完全に日銀のコントロール下にあるので、いつ価格が下落するかわからないかぎりはずっと空売りし続けるというのは現実的ではありませんし、金利が上がると利益になるETF等はコストがかかるので効率が悪い(というより、コスト割れで損するかも…)のです。

 

金利が上昇して大きな影響を受けるのは、まず住宅ローンやアパートローンを組んでいる人たちでしょうか。

金利をヘッジするためには、金利が上昇すると利益になる商品を買えばいいのですが、そういった商品がない以上、金利が上昇すると損失だけが膨らむことになります。

とくに事業としてアパートローンを組んでいる人はこれからは厳しい時代になるのではないでしょうか。

今までは金利も下がり続け、不動産価格は上がり続けてきたのですが、今度はそれが正反対になるので、今までのように「新築アパートを建てて、5~10年後くらいに売却して利益を出す」というスキームはもう使えません。(不動産価格が下がる可能性が高いため)

 

金利は上昇するし、株価や不動産も下がりそうだし、一般の人からすると「何に投資していいのかわからない」というタイミングではないでしょうか。

 

こういうときこそ、他のマーケットの影響を受けづらいシストムトレードでもいかがでしょうか?(笑)