システムトレードのジレンマ・・・

私自身は完全に裁量を排除したシステムトレードの実践者なのですが、自己感覚を確認するという意味合いで買い(売り)シグナルが出た銘柄のチャート判断をすることもあります。

ここ数日は空売りのシグナルが出た銘柄に対して、「このタイミングはどう考えても売りではなくて買いだろう!」と思った銘柄が沢山あったのですが、ことごとく私の判断が正しくてシステム通りに発注した銘柄は全敗でした(汗)

 

このように自分がシグナルとは逆の判断を下した場合でも、シグナル通りに発注して負けるという経験が積み重なると「自分が正しくてシステムが間違っている」という判断に傾いていきそうですが、私はそれでも裁量で判断した売買はしません。

もしも自分の判断が正しいと考えたのであれば、それすらもルールに落とし込むことが正しいやり方だと思うからです。

そもそもシステムトレードに裁量を許してしまうと「どこまでなら裁量を入れてもいいか?」という話にもなってきますし、いくらでもルールを破っていいということになってしまいます。

 

しかし、今月もそこそこのプラスで終えられると思ったのですが、ここ数日の空売りでとてつもない損失を被ったことにより、今月の利益がほとんど吹き飛んでしまいました。

私の判断通りに売買していたらかなりの利益になっていたのですが・・・(←だからそれはダメだって自分で言ったばかり)