今年も24時間マラソンに出場します

今年も毎年恒例の24時間耐久マラソン(神宮外苑24時間チャレンジ)に参加します。

24時間マラソンとは、その名の通り、24時間で何キロ走れるかを競う鬼畜な大会です。

しかも、じつは大会はもう今週の土曜にスタートなのです・・・

 

この大会は過去5回ほど毎年参加していたのですが、昨年は気がついた頃には一瞬で締め切りになってしまい、参加することができませんでした(涙)

ちなみにこれまでの自己記録は一昨年の169.417Kmです。

今年は時間が限られていたこともあり、距離こそはあまり走りこんでいませんが、今までで一番負荷の高い練習をこなしてきたため、前回よりも身体能力は成長していると思います。

普通に能力を発揮すれば自己記録を5~6Kmくらいは更新できる実力がついているはずなのですが、身体に不安要素があって少々落ち込んでいるのです…

 

本番の3週間前に12時間リレーに出場したときに、どうもふくらはぎを痛めたようで、今でも強い張りが残っている状態です。

おそらく軽度の肉離れだと思われます。

正直なところ、どの程度の影響があるかどうかも走ってみないとわからないのですが、精神的な不安要素のほうが強いかもしれません。

ジョギングしたくらいなら「ちょっと強い張りがあるかな」という程度なので走れない状態ではありませんが、24時間走るとなるとどうでしょうか・・・

良い方向に考えればまったく影響がないということも考えられます。

フルマラソンなどは相当速いスピードで走るため、少しの怪我でも致命的となりますが、24時間走はかなりゆっくり走るので、大丈夫かもしれないという期待はあります。

 

まあ、暗いことを考えていても仕方がないのでレースの話をすると、一応今回の努力目標は180Kmと言いたいです。多分さすがにそれは無理ですが(笑)

ちなみに180Kmを走ると「国内標準記録E」が認定されるので、ちょっとアスリートの仲間入りをしたみたいでカッコいいですよね!

 

24時間走はこれまでに何度も走っていますが、いまだにどの程度の心拍数で走ればいいのかがわからないのです。

フルマラソンならATペース(理論上、その人がずっと走り続けることができるギリギリの心拍数)で走るので、私の場合は心拍数168、速度は時速13.33キロ(1キロあたり4分30秒)くらいが適正になります。

では、24時間走はATペースよりどのくらい遅く走ればいいのでしょうか??

 

フルマラソンを2時間半以内で走るような選手でも、24時間走はキロ4分50秒くらいで走っているので、私ならキロ6分くらいが妥当なところという気もしますが・・・

24時間走は、私ですらフルマラソンくらいの距離ならトップクラスの選手について行けるくらい遅く走るレースなんです。

トップクラスの選手にとってはキロ4分50秒(時速12.41Km)はジョギングですが、私にとってはジョギングよりは少し速いペースです。

キロ6分(時速10Km)となると、さすがに私からみても相当に遅いペースですが、多分それでも5,6時間経過すると保つのがいっぱいいっぱいになると思います。

 

まあ、細かく考えていても結局わからないので、前半の12時間はウォーミングアップくらいのつもりで体力を残しておく意識(実際はかなり消耗しますが…)で走り、後半にどれだけ粘れるかというつもりで走ってみます。

昨年は半分の12時間が経過した時点で約102Kmだったのですが、後半は完全に潰れて62Kmしか進めませんでした。

今年も前半は同じくらいのペースで走るつもりですが、後半でもう少し粘るのが目標です。

まあ、とりあえず速報をみて、12時間経過時点で一昨年の成績を下回っていたら自己記録の更新は無理だと判断してください。

 

毎年何名かの方が野次馬応援に来てくださいますので、お暇な方は土日に明治神宮外苑までどうぞ(笑)

ただし、公認大会のため、一切のサポートや差し入れは受け取れません。