マザーズ暴落!

本日の株式市場は若干とはいえ上昇しているにもかかわらず、保有しているほぼすべての銘柄が大暴落です。

1日の下落率としては過去のベスト10に入るかもしれません。

う~ん。ここまで下落するとさすがに取り戻すのは数ヶ月かかるかもしれませんね。

 

内訳をみてみると、急落した銘柄はほとんどがマザーズ市場の銘柄です。

過去の検証ではマザーズの成績は悪くないのですが、今年に入ってからはマザーズ銘柄が足を引っ張っている気がします。

それもそのはず。じつはマザーズ指数は歴史上ずっと上昇し続けているため、検証結果のうえではどうしても成績が良くなりがちです。

ということは、マザーズ指数が天井を打ったときには過去の検証結果どおりの成績にはならないかもしれないという意識が必要です。

このことは米国株にもいえることですね。

米国株は歴史的にみて長期で下落したことがないため、ほとんどすべての人が儲かっているはずですが、もしも天井を打ったら恐ろしいことになりそうです・・・

現在のシグナル状況

現在は方向感のない相場のため、逆張りや順張りに偏って大量のシグナルが発生するという状況ではありません。

ただ、逆に言えば買いも売りも、順張りも逆張りもデイトレも毎日バランスよく出るため、うまくシステムが機能すればそれなりに利益を出せそうではあります。

 

個人的なことをいえば、なぜか最近は大外れの銘柄はたくさん引くのですが、大当たりが出ないのでなかなか思ったように資産が増えません。

これは短期的には運が絡んでくるので仕方ないのですが、長期的には統計どおりの結果に落ち着くはずですので、しばらくは辛抱ですね。

そうはいっても、そろそろ久しぶりに大当たり銘柄を引きたいものです(笑)

マーケットインパクト

本日は日経平均株価が上昇で新興市場は下落のため、買っている銘柄はほぼ全下げで空売りした銘柄は全上げという悲劇(汗)

といいつつ、空売りしているのは2銘柄だけなのでたいしたことはないのですが。

 

それよりも気になるのは、利益が出てから決済するときのマーケットインパクトです。

だいぶ昔に書籍やメルマガでも書きましたが、仕掛けるときは指値等を使うので数値で計測できるようなマーケットインパクトは少ししか出ていないのですが、利益が出た後の決済時には相応のインパクトが発生しています。

具体的には、利益が出た翌日に決済しようとすると、システムトレードが普及する前と比べ、現在はかなり安い価格でしか決済できなくなっています。(実際に検証して数値で計測しました)

多くのトレーダーが同じタイミングで一斉に決済注文を出すからですね。

 

基本的に決済するタイミングとは利益が出た直後になることが多いため、システムトレードで買い付けた銘柄を決済するタイミングというのは、ほとんどすべてのトレーダーが同じになってしまうのです。

 

これを回避しようとすると、毎日ザラバを見て、場中に決済するという方法しかありません。

 

たしかにシステムトレードは昔に比べると普及が進み、利益があげづらくなってきているのは確かですが、少ない人が利益を独り占めする時代が終わり、多くの人が少しづつ利益を分け合う時代になったと考えればいいのではないでしょうか。(誰も儲からなくなったら困りますが・・・)

押し目買い?

今週に入ってからは微増続きであまり資産に大きな変化はありません。

本日は日経平均が少しだけプラスだったものの、新興市場の指数が下落したためか押し目買いのシグナルが多めに出ています。

現時点では海外の各指数が下げているため、上手くいけば明日は寄り付きから安い価格で買えるかもしれませんね。

この押し目買いが上手くはまれば一気にプラス転換に戻すのも可能だと思うのですが・・・

今月の損益

今月は過去にも例がないほどのハズレ銘柄をたくさん引いた関係で大幅な損失となる月でした。

そのため、前年末からの成績は-3.33%となっています。

 

2月下旬のピークから10%を超える大幅ドローダウンとなっていますが、今月はたまたま過去のバックテスト結果でも1度も例のない大きな損失銘柄を引いたことによる一過性のものですので、プラス転換まではそれほど時間はかからないと思います。

 

4月はそろそろ一気に2桁利回りといきたいところですが、どうなることでしょうか。

 

 

イレギュラーなトレードの扱い

保有している銘柄のうちの1銘柄が3連続ストップ安で売れずに本日も資産は微減です。

まあ、ここまでくれば紙屑同然なので、放置してもさほど資産全体の評価額は変わりませんが。

 

ちなみに銘柄を公表すると「ニチダイ(6467)」です。

とくに悪材料があったわけではないようですが、業績から見た価格がとにかくとんでもなく割高だったということにつきます。

ようは仕手化した銘柄というところですね。

 

これまでにこのシステムで20%以上の損失を出したのは過去に3例しかなく、今回のように半減したケースは皆無ですので、ほとんどあり得ない確率のハズレくじを引いたことになります(汗)

 

このようなことが起こると、「仕手化した銘柄で大きな損失を被ったのなら、仕手化した銘柄を売買しなければいいのではないか?」

と思われる方もいるかもしれません。

ところが実際に検証をしてみると、(このシステムでは)仕手化した銘柄を省いたほうがトータルの成績は悪化するのです。

逆に言えば、「仕手株だろうが何だろうが、シグナルの出た銘柄を全部勝ったほうが成績が良い」わけです。

(ただし、仕手株を省いたほうが成績の良いシステムもあります)

 

システムトレードはあくまでもトータルでの損益を考えるべきであり、1回や2回のイレギュラーなケースでめげてはいけません。

ということで、明日からもシグナルが出ればどんな銘柄でも忠実に売買します(笑)

連続ハズレくじ…

今月は後半に入ってから大幅にドローダウン中です。

3/14をピークに過去最大級のドローダウンを受けています。

 

本日買い付けた銘柄はだいたい利益になっているのですが、バックテスト上では過去12年間でたったの4例しかない20%以上の損失銘柄を立て続けに引いています。

まさに滅多に引かない大ハズレのくじばかりを引き当てている状況でしょうか(汗)

狙っても簡単には引けないような損失銘柄ばかり引いているので、逆に言えばその反対もありうる・・・と前向きに考えることにしましょう(笑)

 

急落!

本日は日経平均が1000円近く下げる急落相場でした。

理由はさておき、1日下げただけですので追証で投げる人が出るような状況ではなく、本格的な逆張り相場に突入するかはまだわかりません。

 

私のシステムでいえば、順張りはすべて強制決済となり、浅めの逆張りがほんの数銘柄出ているといった状況です。

今後どうなるかはわかりませんが、本格的に急落相場が始まれば逆張りのチャンスになるので、来週以降が楽しみです。

このまま反発してしまうとやや拍子抜けですね。

シグナル少なめ

大抵の場合、月曜日は寄り高になるのですが、私が利益を確定しようと思って大量に売り注文を出したときに限ってなぜか寄り安になるという魔法の法則がまたまた発動して大やられです(汗)

やっと今年の最高資産を更新しようかというときにまた弾き返されました。

 

現在は上にも下にも小動きなため、売買のシグナル自体が少ない状況です。

特殊なシステムを除くと、2種類の逆張りが全部で3銘柄、押し目買いが1銘柄、順張りが3銘柄、スイングの空売りが1銘柄という少なさです。

まあ、これから上昇相場ということはないと思うので、次に来る急落相場でそのくらい取れるかが重要になりそうですね。

現在の状況

今週はやや持ち直しましたが、今年の最高資産に迫ったところで跳ね返されています。

なんとか来週中には月内プラスにもっていきたいところです。

 

現在の状況としては、相場全体が小動きであるため、シグナル数としては控えめで大きく利益をあげやすいというわけではありません。

本日は押し目買いが3銘柄、順張りが3銘柄、スイングの売りが1銘柄と非常にシグナルが少ない状態です。(他の投資家に真似できない特殊な方法は除きます)

そのため、大きな損失も出ずらいが大きな利益も出しづらいといった状況ですので、相場が大きく動き始めるまではコツコツしたトレードが続きそうです。