空売り銘柄の判定

本日は空売り銘柄の判定についてご質問をいただきましたので、簡単に回答させていただきます。

空売りで良いルールを見つけたときに、いざ実践みようとするといくつかの問題が発生することがあるかと思います。

例えば考えられるケースとしては

1.貸借銘柄でなかったため、信用売り注文が出せなかった
2.空売り規制がかかっていたため、信用売り注文が停止中だった
3.売買単位が大きくて保証金が足りなかった

などでしょうか。

上記の問題をどう解決するかはともかくとして、私が実際に空売り銘柄の判定として利用しているのは単純に「貸借銘柄であること」という条件のみです。

ちなみに貸借銘柄の一覧はこちらの日本証券金融のWEBサイトから取得することができます。

これだけだと上記の1以外の問題は解決できないことになりますが、私自身は空売り銘柄の正確性に対してはそれほど神経質になっていません。

実際に注文を出してみたときに「空売りできません!」といわれれば素直に諦めるだけですね(笑)

私の実体験でいうと、順張りの売りに関してはほとんどの場合、空売り可能な場合が多いのですが、逆張り(短期間で大きく上昇している銘柄)は規制がかかって売れないことが多いようです。

貸借銘柄はたしか1700銘柄程度だったかと思いますが、ある程度出来高等があり、小さな金額でも空売りできる銘柄に絞ると実際には数百銘柄しかないかもしれません。

しかし、実運用の成績がそれほどバックテストと異なっているという印象はないため、それほどこだわらなくても大丈夫かなというのが私の意見です。

売買ルールの公開範囲・・・

普段はあまりコメントをチェックしないのですが、久しぶりにコメント欄をチェックしたところ、たくさんの方からコメントをいただいていました。

すいぶん長い間更新をサボっていたにもかかわらず、記事をご覧くださっている方がたくさんいるようで安心しました。大変感謝です。

基本的に私のブログにいただいたコメント欄は非公開にしているのですが、内容はなるべくチェックするようにしますのでご安心くださいませ。

いただいたコメントのなかでもっとも多かったのは売買ルールの公開範囲についてでしょうか。

ストレートにいうと「あまり売買ルールは公開しないでほしい」とのことなのですが、私もこれには同意します(笑)

というのは、システムトレードの特性上、売買ルールを完全な形で公開してしまうと、まったく同じタイミングで売買する人が増えるため、その分だけエッジ(優位性)が薄れてしまうと考えられるからです。

じつは、何年か前までは売買ルールをちょっと公開したくらいではマーケットに影響など出るはずがないと思っていたのですが、逆張りのシステムトレードに関する本を出版したときにはまだシステムトレード自体があまり知られていなかったこともあり、結構なインパクトがあったようで私自身も驚きました(汗)

そういうわけで、売買ルールよりももっと大事な部分をお話するほうが皆さまのためにもなるでしょうし、今後はセミナーなどでもそちらのほうを中心にお話することが増えると思います。
もしそれなりの売買ルールを公開することがあるとすれば、よほどの少人数で開催するセミナーくらいでしょうか・・・。

ちなみに今月開催のシストレフェスタは売買ルールが中心の話にはならないと思いますので、公開する売買ルールの中身についてはあまり期待しないでくださいね。

今回出演させていただくシストレフェスタは、エンジュクさんでこういった形式で開催されるセミナーとしては最後の出演になるかもしれません。(断言はできませんが・・・)

フィルターの仕組みについて

執筆作業に追われている間にコメントを数十件もいただいていたようですが、忙しくて見ていませんでした。申し訳ありません…(汗)

本日から多少の余力ができたので、ため込んでいるご質問へ順次回答させていただきたいと思います。

まだすべては確認していませんが、ざっと見たところ、私自身の使用しているフィルターに関するご質問が多かったようですので、第一弾はフィルターについての回答とさせていただきましょう。

といっても、多数の方が見ているブログで答えそのものは公開できませんので、ちょっとしたヒントということでご理解くださいませ。

基本的に逆張りに使用するフィルターは、買いのシグナル数が××銘柄以上といったものですが、この方法だと下落相場ではいいとしても上昇相場では買いのチャンスがほとんどありません。(買いシグナルが少ないので)

それでは、上昇相場でも安定的にシグナルが出るようにするためにはどうすればいいかということになりますが、シグナル数が××銘柄以上という「固定」の数字ではなく、いつと比べて××倍というように「動的」な数字にする必要があるわけです。

これにより、普段からシグナルの少ない上昇相場ではちょっとした急落でも買いとなり、逆に下落相場ではよほど多くのシグナルが出なければ買いとはならないという仕組みが出来上がるわけです。

ブログで書けるのはここまでということでお許しくださいませ。

ご質問への回答

たまっているご質問への回答は来週以降に行う予定でしたが、複数の方々から共通でいただいているご質問については手短に回答させていただいてしまいましょう。

【ご質問】
今月は全体相場の急落で逆張りシグナルが大量に発生したにもかかわらず、日記上では買いを行った旨のコメントがありませんでしたが、逆張りによる買いつけは行わなかったのでしょうか?

【ご回答】
私自身は逆張りで大量に買い付けを行うタイミングがあれば、当日記で積極的にコメントさせていただくことにしています。
よって、今月は逆張りによる買い付けは行っていないという理解で間違いありません。
私が公開させていただいている固定のシグナル数フィルターを使用している場合は、積極的に買い付けを行った方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろんそれが不正解ということではありませんのでご安心ください。
私が買い付けを行わなかった理由は、皆さまに公開させていただいているシステムとルールが若干異なるため、私のシステムでは買いの指示が出なかったことによります。

ちなみに私の使用しているシステムは、以下にある以前の記事で詳しく書かせていただいています。
http://saitou.enjyuku-blog.com/archives/2008_01_post_108.html

上場廃止銘柄の扱い

いきなりですが、ダイエットのほうは順調です。
というか、もうダイエットの必要がないところまできましたので、ダイエットのペースはスローダウンしようと思います。

実践してきた感想から、朝食代わりの野菜&果物のジュースと夕食の豆腐生活はかなり効果がありそうです。
あとは筋力や体力を落とさないためにジョギングや筋トレも続けていますが、ジョギングは膝が痛くなるのであまり過度にやらないほうがいいかもしれませんね・・・。

ダイエットは日々の生活習慣で決まるため、一時的に痩せても意味がありません。(生活を戻すと体重も元に戻る)
ということで、この生活はとりあえずあと50年くらい続けていくしかないですね(汗)
システムトレーダーらしく、きっちりと体調管理をしなければと思います。

あと、ご質問は一旦締め切っているのですが、なぜかまだたくさんくるようですので、追加で1つだけ回答させていただきます。
ただ、これ以上のご質問は回答しきれないため、当面の間ご遠慮くださいませ。(申し訳ありません・・・)

【ご質問内容】
逆張り手法に関する質問です。
上場廃止が決定された銘柄にサインが出ました。
サインが出た翌日(即ち買付日)から整理銘柄にも指定されました。
このような場合もひたすらサインに従われているのでしょうか?

【ご回答】
結論からいうと、バックテスト(検証結果)では、整理銘柄かどうかの判定は行っていませんので、条件さえ満たしていれば買ったこととして検証しています。
ですが、(私自身の)現実の売買では、上場廃止が決定した銘柄だけはトレードの対象外としています。
尚、整理銘柄はトレードの対象外ですが、監理銘柄についてはトレードの対象からは外していません。

自動売買の運用報告に関するご質問

本日も連続でご質問にお答えしてしまいましょう。

一応、これで半分以上のご質問にはお答えできたかと思いますので、ご質問への回答は一旦締め切らせていただきます。
まだ未回答の方もたくさんいらっしゃいますが、大変申し訳ありません。

【ご質問内容】

日経225先物の結果(成績)は、販売されているDVDの内容のものでしょうか?
また、最大ドローダウン30%を想定との事ですが、年間利益率はどのくらいを想定されていますか?

【ご回答】

今年の4月から月次で公開させていただいているこちらの自動売買の運用報告のこととのご理解でよろしいでしょうか。
http://saitou.enjyuku-blog.com/archives/225index.html

こちらは他社(エンジュクさん以外)で扱っている私のセミナーDVDで公開させていただいているものですが、セミナー中で公開しているのは売りから入るルールのみで、実際に運用しているのはこれに買いをプラスしたものになります。(おそらくエンジュクさんでも8月くらいから販売されるかと思います)
ただし、利益の7割以上は売りのルールであげているので、そういう意味ではほぼDVDに近いルールで運用していることになります。

実際に私が自分の資金で運用しているロジックなので、正直に言ってしまうとあまり売れてしまうのは微妙な心境ですね(汗)

ちなみに現在、最大ドローダウンは40%程度を想定で年間利回りは60%強となっています。(バックテストによる予測)

利回りとリスクのとり方

最近、相場に動きがなくてネタがないため(汗)質問への回答ばかりで恐縮ですが、最後にもうひとつだけお答えさせていただきましょう。

【ご質問内容】

「年間利回り300%を達成した」というお話をされたときに「かなりリスクをとって得られた結果です。」とおっしゃっておられました。この「リスク」とは具体的にどのようなものでしょうか?

【ご回答】

とてもいいご質問だと思います。
ひとことでいえば、今考えると恐ろしくて同じリスクはとれないくらいです!(汗)
具体的には最大時のレバレッジは2.5倍強ですが、問題なのは現在のようなフィルターを導入していなかったことです。

意外にもフィルターさえ厳しくしていれば、レバレッジ自体はかなり大きくても問題はないのですが、ライブドアショックの直後までは「シグナルの出た順番にすべて仕掛ける」という行動をとっていました。
この方法だと仕掛けるチャンスが多くなるため、相場の良いときには年利数百%なども可能になりますが、悪いときにはあっという間に半分になるリスクもあります。(順張り&逆張りセミナーをご覧になっていればわかるかと思います・・・)

ちなみに当時の時点で私が使っていたルールは、現在の逆張りの他、もっとスパンの短い逆張りとボリンジャーバンドのブレイクアウトをベースとした順張り系のルールです。
多分、いくら相場が良くても逆張りだけで年利300%超は厳しかったのではないでしょうか。

現在の運用方法でのパフォーマンスはもっと地味ですが、現状の立場(サラリーマンではない)を考えれば、ある程度の安定性を重視したいところですね。

逆張りに関するご質問

本日も、溜まりに溜まっている(汗)ご質問へ回答させていただきましょう。(ちょうどネタもないことですし・・・)

【ご質問内容】

著書、『勝率80%のシステムトレード術』を読ませていただき、ご質問をさせていただきます。
6月10日に25日移動平均と5日移動平均の条件を打ち込んで検索したら「スルガコーポレーション」や「ゼファー」などがヒットしました。
不動産株はやや不安があるような状況に感じているのですが、こういう場合でも機械的に著書の手法でトレードをすることでプラスの期待値が得られるのでしょうか?
それとも多少裁量をいれてもいいのでしょうか?

※ご質問内容については便宜上、多少の編集をさせていただいています

【ご回答】

結論から述べさせていただきますと、裁量を入れることによって成績が向上するかどうかは簡単に判断できません。(良いときも悪いときもある)
もっと正確に言わせていただくと、過去のデータを使ったバックテストで検証を行うことが困難ということです。

システムトレーダーの中には、完全にルールに従って忠実にトレードする方と、基本的なルールはシステム化されているものの、ファンダメンタル的な判断や資金管理などは裁量で行っているという方がいます。

ちなみに私は前者ですが、それには理由があります。
システムトレードというのは、過去の検証結果よりも良い成績を得るのではなく、過去の検証結果と同等の成績を得ることが最大の目的なので、ルールを独自にアレンジするということは、悪く言えば過去の検証結果を放棄していることにもなります。(あくまでも極端な意見ですので、アレンジによって成績が良くなる可能性はあります)

「今は不動産銘柄が危ない」と判断するのはもちろん自由ですが、著書の検証結果はこういった「危ない銘柄」も含めてルールどおりに忠実に売買した検証結果ということをご理解いただければと思います。

また、じつは現在、『勝率80%のシステムトレード術』の続編(実践編)を執筆中でして、逆張り投資法においてもっとも重要な「資金管理」や「フィルターの使い方」について書かせていただいています。
前著の『勝率80%のシステムトレード術』だけを読まれて売買するのは少々危険な側面もありますので、もし本格的に逆張りを実践されるという方は、是非お読みいただければ幸いです。

順張りの売買タイミング

現在は、大詰めを向かえている本の執筆作業のことが頭の中の99%を占めている関係で、日記の更新がちょっとスローペースになっていますが、来月くらいからは標準のペースに戻ると思いますのでお許しくださいませ。

ご質問があまりにもたまりすぎて、どれから回答させていただこうか悩ましいところですが、最近の市況を勘案して順張り関係のご質問を選択させていただきました。
その他、現在までにいただいているご質問については、時間をかけて順次回答させていただきます。
(いつもは3割くらいの方にしか回答できてないので、なんとか半分くらいの回答率を目指します・・・)

【ご質問内容】
順張りの損切り、利確のタイミングがうまくいきません。
どのようなタイミングで実行しているのかヒントだけでも参考に教えてください。

【ご回答】
順張りは、逆張りと違って急激な反発局面をとらえるわけではないため、勝率重視よりも利益の大きさを重視した売買が向いている気がします。
例えば、利益確定を+10%、損切りを-10%などの同幅に設定したとしても、勝率はせいぜい52~53%くらいにしかならないのではないでしょうか(すみません。正確に検証したわけではありません)
また、この方法の最大の欠点として、将来数倍~数百倍の株価になる銘柄でもわずか10%の利益で確定してしまうことになります。

ということで、順張り系の手法に関しては、基本的に損小利大が向いていると思います。
簡単にいえば、「120日の高値を更新したら買い」、「60日の安値を更新したら売り」などですね。
これであれば、買ってから安値を更新しないかぎりはずっと保有し続けるので、数年に1度は数倍~数十倍程度の大化け銘柄をつかむことができます。
この方法だと勝率は30~40%台になってしまいますが、買ったときの平均利益が負けたときの平均損失の2~3倍くらいになるため、トータルでは利益になるのです。

また、細かい数値を気にする人もいらっしゃいますが、じつは損小利大を意識していれば、少々売買のタイミングが違っても長期的には大きな問題になりません。
例えば、「60日の安値を更新したら売り」ではなく、「55日の安値を更新したら売り」に変更しても何の問題もないわけです。(勝率は下がるが、平均の損失は小さくなるため)

ここまでは一応、一般論ですが、最近の私の研究テーマとして、順張りでも相場の状況によっては早めに利益を確定したほうがいいタイミングがあるのではないかとも考えています。
いずれにしても、まだまだ私も研究途上の身ですので、新たな発見があれば、将来的に著書なりセミナーなりで公開することもあるかもしれません。

ブレイクアウト!?

忙しくてまたまた更新をサボってしまいました。

本日はついにブレイクアウト・・・といっても最近は株のトレード状況に動きがないので、株の話ではなく、私の体重の話です(汗)

18歳の頃からずっと維持し続けてきた50~53Kgの体重が先週ついにブレイクアウトして54Kgを突破してしまいました。(たくさん食べた後に測ったせいもあるかもしれませんが)
また、20歳の頃に6%台だった体脂肪率も現在は約2倍の13%台です!
とくに筋肉量が落ちた気もしないので、多分、上に薄っすら脂肪がついた感じでしょうか・・・。
お腹だけは1センチも出ないように気をつけねば。

きっと10年間以上にわたって夜中に毎日食べ続けてきた大量のお菓子が年齢に合わなくなってきたのでしょう。
私も今年で33歳になる立派なおじさんですから、そろそろ同じ生活習慣を続けるのはまずいかもしれませんね。

ということで、今週からダイエットを始めてみました。

まずはジョギング・・・といっても、1年くらいはまったく走ってないので最初は長くても1時間以内ということで(汗)

あとは1日置きに夕飯を豆腐(厚揚げなど)と味噌汁だけにして、1日2~3回くらい食べていたお菓子は1回だけにしようと思います。
また、朝は果物100%のジュースのみ!
足りない栄養素はファンケルのサプリメントで補充します。

ちなみに目標体重(寝る前に計測)は52.5Kg、目標体脂肪率は一桁ということで。

どなたか他に良いダイエット方法はご存知ないでしょうか・・・?