大阪に行ってきました。

先週の土曜日はエンジュクさん主催のセミナーのため、大阪に行ってまいりました。
中学の修学旅行を除けば大阪に来るのは初めてなので、ちょっとドキドキしましたが、とても紳士的な良い方々ばかりでした。

参加してくださった皆さま、どうもありがとうございました。
いつもわざわざ東京まで来ていただいている常連の方もいらっしゃったのでとても嬉しかったです。

本来ならゆっくり観光でもしたいところですが、ホテルに到着したのは午後14時、少し休んだら既に16時という状況でした。
翌日にセミナーを控えて緊張しているので、とても観光などしている余裕などなかったのですが、もったいないので無理やり強行して一人USJ(訳:一人でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行くこと)をしに行きました。(園内を散歩しただけですが・・・)
その後、USJのすぐ外で発見した「たこやきミュージアム」なるところでたこやきを40個ほど食し、ホテルへ戻って観光終了です。
賞味わずか3時間ほどの短い観光でした・・・。

大阪へ行って発見したことは、意外と標準語を話す人の割合が多い(コンビニや喫茶店などの店員さんは全員標準語でした)ということと、エスカレーター上でのルールが右待ち(東京は左待ち)ということです。

今回は慌しいスケジュールであまりゆっくりできませんでしたが、今度は機会があればもっと色々なところに行ってみたいですね。

日経225miniの自動売買を開始!

本日、ようやく日経225先物の口座移管が完了しました。

これまで、なぜ証券会社を変更するのかを伏せてきましたが、じつは仕事の依頼で日経225miniの自動売買にチャレンジすることになったのが理由です。

現在、自動売買機能を提供している証券会社はほとんどないこともありますが、ツールの性能面などを考慮して、ひまわり証券を選択しました。
ひまわり証券では、『トレードシグナル』という高機能のシステムトレードソフトが用意されていますので、これを使って自動で発注までやってしまおうと考えたわけです。

システムトレードといえど、実際に運用するとなると意外に感情が入ってしまうものです。
しかし、完全な自動売買であれば、一旦ルールさえ登録してしまえば、その後は場中も見ずに放っておくだけですので、それこそ完全に感情的な売買を排除したシステムトレーディングが実践できるのではないでしょうか。(多分・・・)

ただ、トレードシグナルの難点をひとつだけ挙げるなら、月々の利用料がやや高いことです。(約2万円)
もう少し価格が下がれば運用資金の少ない方にもメリットが出てくると思うのですが。

ということで、以下の画像のとおり、口座にきっかり300万円を用意しましたので、機械による自動運用でどこまで増やせるかにチャレンジしたいと思います。(実際には、すでに本日から運用を開始しています)

自動売買の運用経過については当日記で定期的にご報告させていただく予定ですので、長い目で見守っていただければ幸いです。

■2008/3/5 初期資金300万円から運用を開始しました。

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年12月14日終了時点)

続きを読む…

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年12月7日終了時点)

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 525万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 8枚
売り: 12枚
実質:売り4枚(買い8枚-売り12枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先々週の約527万円→525万円とほぼ変わらずです。
先週も若干売りポジションを追加した程度の小さな売買のみでした。
相場に大きな動きがあるのは年に数回なので、当面はあまり変動がないかもしれませんね。

もし私が裁量で売買するなら、ここ最近の個別銘柄の下げ止まりから買いを入れたくなるところですが、過去にシステムに逆らって良い思いをした経験は少ないです。
相場が上昇期に入ればシステムの一部も買いに転換するはずですので、買いを入れるタイミングは気長に待つことにします。

最後に現在のトレンド判定ですが、長期、中期ともに下落トレンド継続となっています。

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年11月30日終了時点)

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 527万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 12枚
売り: 8枚
実質:買い4枚(買い12枚-売り8枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先々週の約485万円→527万円と若干の回復を見せました。
本日で買いポジションの一部を手仕舞い、売り買いなしの状態になっています。

底から一定の反発を見せた後ですので、普通ならこのあたりで一旦の押しがあるかもしれませんね。
私のシステム上ではとりあえずノーポジションの状態になったので、少しの間休憩といったところでしょうか。(もちろん、明日にもシグナルが出る可能性はありますが)

現在のトレンド判定のほうはもちろん長期、中期ともに下落トレンド継続となっています。

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年11月22日終了時点)

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 485万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 12枚
売り: 8枚
実質:買い4枚(買い12枚-売り8枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先々週の約545万円→485万円と久々の大幅減少となりました。
順張りは売り建て中心ですが、逆張りの買いが順張りの売り枚数を上回ったため、下落によって資産がドローダウンを受けています。

暴落の末期には大きな下落が待っていることが多く、1日で3~4%も下げればかなり高い確率で利益になりますが、今回のように少しづつ下落した場合はなかなか難しいようです。
ちなみに私のシステムは、勝率よりもトータルの利益を優先していますので、少々下落が緩くても買いのシグナルが出ることがあります。
今回は悪いほうに転んだパターンということでしょうか。

現在のトレンド判定のほうは、相変わらず長期、中期ともに下落トレンド継続となっています。

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年11月16日終了時点)
先週は更新を忘れまして申し訳ありません。

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 545万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 12枚
売り: 16枚
実質:売り4枚(買い16枚-売り12枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先々週の約564万円→545万円と微減でした。
相変わらず500万円台の半ばでの足踏みが続いています。(というより、若干減少気味?)

この2週間は逆張りのシグナルが2度も出るという異例の相場で、結果は1勝1敗でした。
逆張りのシグナルは年に2、3度しか出ないことが多いのですが、考えてみれば当日記で公開を始めてから逆張りのシステムが負けたのは初めてだったような気がします。

前回のように1日で大幅に下落したときはとても自信を持って買えるのですが、今回のように100円~300円程度の軽い下落が連続で続くとかなり買いづらいですね。
このあたりで一気にドカン!と1000円くらい下げてくれないでしょうか・・・。

最後に現在のトレンド判定ですが、長期では下落トレンドに転落、中期でも下落トレンド継続となっています。

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年11月5日終了時点)
今週は作業の都合上、1営業日遅れて月曜日時点の結果になっています。

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 564万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 4枚
売り: 12枚
実質:売り8枚(買い4枚-売り12枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先週の約555万円→564万円と微増でした。
わかりやすいトレンドが発生していないため、ここ何週間も資産変動があまりありません。
トレンドがないなら、いっそのこと大暴落してくれたほうがやりやすいのですが・・・。

株でも先物でも何でもそうですが、利益をあげやすい相場というのは、「明確なトレンドの発生している相場」もしくは、「パニック的な過剰反応(ようは暴落です)」ではないでしょうか。

それ以外の相場では、あまり売買のシグナルが出ない(売買をしない)というのが正しいため、現在はそういった時期に当てはまるということでしょう。

最後に、現在のトレンド判定ですが、長期上昇トレンド、中期下落トレンド継続で変わらずとなっています。

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年10月19日終了時点)

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 570万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 8枚
売り: 8枚
実質:ポジションなし(買い8枚-売り8枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先週の約570万円から変わらずでした。
現在はデイトレシステムを除き、ポジションなし(正確には売り買いが同枚数のシグナル)の状態であるため、資産はほとんど変動がありません。

日経も底を打ったものの、短期間に上げすぎた反動による当然の下落というところでしょうか。
当面、本格的にトレンドの方向が定まるまでは、あまり資産の変動はなさそうです。

現在のトレンド判定は長期上昇トレンド、中期下落トレンド継続となっています。

日経225先物システムの運用経過

今回は忘れないうちに毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年10月12日終了時点)

続きを読む…