下落相場でも機能する逆張り

逆張り系の売買ルールは一時的な下落相場では非常に良い成績を出しますが、最近のように延々と続く下落相場には弱い傾向があります。

しかし、じつはちょっとした工夫をするだけで現在のような相場でも結構機能したりします。

下記のグラフはどちらかというと押し目買いに近い逆張り型の売買ルールを検証したものです。

20年単利.jpg※約20年間の単利運用による結果
5年複利.jpg※直近約5年間の複利運用による結果

じつはこれとほぼ同じ売買ルールを、今月号で残念ながら休刊となる『エコノミストマネー』の10月号に「移動平均線だけを使ったシンプルな投資法」ということで掲載させていただきました。

詳しくはそちらを見ていただければ幸いです。

また、システムトレードの達人で使用できるストラテジー(売買ルール)のファイルはこちらからダウンロード可能です。

ダウンロード –> エコノミスト_逆張り.wstr

空売りは必要か?

トレードや投資をやっている方の大部分はほとんど買いのみで売買をしているのではないかと思います。

とくにバリュー投資を実践されている方は空売りなど考えてもいないか、あるいはやりたくてもそのやり方がわからない方が多いのではないでしょうか。

下記の画像は、ある順張り系のショート(空売り)の売買ルールを検証したものです。

損益グラフ.jpg年別.jpg
実際のところ、空売りが必要かどうかは上記売買ルールの成績を見て判断していただければと思いますが、少なくとも長期間にわたる下落相場において買いだけで利益をあげ続けるには短期売買以外には難しいのではないでしょうか。

長期投資をやっている人ほど空売りは必須だと思うのですが、なぜか長期投資を実践している人のほうが空売りが苦手な傾向があるようです。

下落相場でヘッジとなる順張り系の空売りで最大のポイントとなるのは「下落相場で確実にヘッジ(利益)になること」です。

ということで、続きは次回のメルマガで詳しく書かせていただく予定です。

日経225先物システムの運用経過

毎週恒例の「日経225先物システム」の運用経過を報告します。(2007年10月26日終了時点)

———————————————————–
【運用状況のご報告】 (運用を開始した日:2006年9月7日)
———————————————————–
■初期の資金: 250万円
■現在の資金: 555万円

■現在のポジション(※日経225ミニ):
買い: 8枚
売り: 8枚
実質:ポジションなし(買い8枚-売り8枚)

※資産は1万円未満を切り捨てて表示しています
※両建て(買いと売りを同時に行うこと)の場合は相殺してポジションを組んでいます(例:買いが10枚、売りが5枚なら、買い10枚 - 売り5枚 = 買い5枚ということです)
※証拠金(担保)の一部が株のため、株の上昇や下落による資産の変動もあります

———————————————————–
【運用資産の画像】 (松井証券の資産状況一覧画面です)
———————————————————–

———————————————————–
【今回の解説】
———————————————————–
資産は先週の約570万円→555万円と若干の減少でした。
現在、スイングのポジションはありませんが、デイトレ系のシグナルがかなり足を引っ張っている結果となっています。

デイトレ系のシステムは今のところ「売り」のみですので、相場が強いときにはどうしても負けが多くなります。
また、これは私が最近感じていることなのですが、デイトレ系(寄り仕掛け、引け決済)のシステムは最近になるほど有効性が薄れているような気がしています。
これが一時的な現象なのか、デイトレ系のシステムを使う人口が増えたためなのかは、なんとも判断がつきかねますが、もう1年くらい様子をみて判断したいところです。

最後に、現在のトレンド判定は長期上昇トレンド、中期下落トレンド継続で変わらずとなっています。

新興市場の問題点

ここ最近は日経平均が堅調にもかかわらず、JASDAQなどの新興市場は最安値を更新しています。

続きを読む…

個別株のシステムトレーディングと業績の関係

システムトレードを実践しているトレーダーの中にも、業績を完全に無視してシグナル(テクニカル面)だけを頼りに売買するタイプと、補助的に業績をチェックするタイプがいると思います。

ちなみに私は後者です。(手法の種類にもよりますが)

続きを読む…

日経225は松井証券

じつは最近、ごく小さな金額ではありますが、試験的に日経225のシステムトレードを始めてみました。
(正確には日経225先物ミニですが・・・)

続きを読む…

今回の暴落について

株式市場(とくに東証1部)はようやくはっきりとわかる上昇基調に転じ始めましたね。

今回の下落相場はかなり強烈だったため、疑心暗鬼で買うに買えなくなっている投資家も多いのではないかと思いますが、ある程度底が見えたタイミングでは積極的に仕掛けていかないと、上昇相場の初動で乗り遅れてしまうことになりかねませんので、ここは躊躇せずに買いを入れていきたいところです。

続きを読む…

エンジュク投資家祭りの訂正資料

先日、投資家祭りへご参加いただいた方々、大変お待たせしました。
講演内で使用した例の手法の訂正版をアップさせていただきます。

続きを読む…

エンジュク投資家祭り(夏)が終了

本日(もう昨日ですが)、エンジュク投資家祭りにご参加いただいた方々、どうもありがとうございました。

今回は他の先生達の話もレベルの高い内容だったため、とても参考になったのではないでしょうか。(私自身も色々とアイディアがひらめきました)

続きを読む…

はじめて本を書きました

いよいよ7月5日(予定)に私の初めて書いた本が出版されます。(ついに作家デビュー?)

詳しい内容についてはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534040954/qid=1151111025/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/250-0657222-4048235

続きを読む…